【3D VR】江戸の街並みや江戸城を3D-VRで再現するプロジェクトがスタート?!

【3D VR】江戸の街並みや江戸城を3D-VRで再現するプロジェクトがスタート?!

クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で展開中のプロジェクト「江戸の町VR化プロジェクト」が募集終了まで残り数日を迎えています。VR(ヴァーチャルリアリティ)コンテンツ開発会社AVATRA LLC.が立ち上げたこのプロジェクトは、1800年代には既に世界有数の繁栄を誇った江戸の町の発展の様子をオープンワールド上に再現するというものですが?

スポンサードリンク

M-ON! Pressの記事から引用

こいつぁてえへんだ! 江戸の街が目の前に!

クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で展開中のプロジェクト「江戸の町VR化プロジェクト」が募集終了まで残り数日を迎えています。VR(ヴァーチャルリアリティ)コンテンツ開発会社AVATRA LLC.が立ち上げたこのプロジェクトは、1800年代には既に世界有数の繁栄を誇った江戸の町の発展の様子をオープンワールド上に再現するというものです。

昔の姿をVRで再現するサービスは、国内では既に「真田丸」で沸騰中の長野県「上田城」や佐賀県「名護屋城跡」などの歴史的建造物や史跡において、スマートフォンなどに対応した専用アプリを使う形で提供されていますが、何といっても日本の首都、東京のはるか昔の姿が再現される、というのは歴史好きや観光客ならずとも胸が熱くなりますね!

a7b7907d-f95d-42fd-90f3-b378f45c39d4 f3baaa4f-0e4b-4cf6-bbec-8c628df1c596 a83989d9-21fb-4678-abc6-85b16760962b 160ea0ef-4def-4d74-8efd-3f4698d95133

時代考証とCG造形が重要なポイントですが、江戸の歴史研究家でもあり3DCGアーティストでもある中村宣夫氏を監修に迎え、現存する実際の資料に徹底してこだわり、江戸文化の研究材料としても使える様なクオリティーの作品を目指す、とのことですよ。

40e72e3f-4270-4ae2-8aaa-bda6b8f77841

今回のプロジェクトでは”VR HMD”をメインのデバイスとして計画されています。これによりユーザーの頭の動きに応じて見える画像も動くため、実際にその場にいるかの様な圧倒的没入体験を味わう事が出来る、ということです。またプロジェクト達成・実行時には対応デバイスも増やして行きたい意向もあるようですね。

まるでクエスト!?どんどん広がる江戸の街

このプロジェクトのとてもユニークな点は、「支援金額に応じて、再現する江戸の町の範囲が広がる」というもの。現状4つのゴールが設定されており、その達成度に応じて製作されるエリアが追加されていくとのことです。

目標金額の500万円達成の場合、まず江戸の発展の中心地「日本橋」界隈が製作されます。

3fd63594-8385-4407-bb3a-fee2e2905d76

江戸時代の日本橋には数多くの商店が立ち並び、東海道など全ての道路網の起点でもあり、まさに江戸発展の中心地でもありました。
そんな当時の賑わいの香りをVRで味わえる、考えるとワクワクしてきますね。

またストレッチゴールとして、

1000万円達成時→霞が関・丸の内の一帯の大名の武家屋敷群製作
1500万円達成時→浅草界隈製作
2000万円達成時→江戸城製作

スポンサードリンク

が計画されています。

歌舞伎・浮世絵・寿司といった江戸の町人文化のみならず、豪商の莫大な富に花開いた歓楽街、ひいては政治的側面までを網羅し、立体的・多角的に江戸の街を再現・体験しようというのは、このプロジェクトの本気度合いが並々ならない事を物語っているようです。

古地図や歴史小説片手に現在の東京の街をそぞろ歩く、今までの江戸探訪に加え、これからはVRで再現された江戸の街を散歩する、なんていうのもまったく粋な話じゃござんせんか?
そこで出会うのは親分!?先生!?それとも長官(おかしら)?

プロジェクトページには資金の使い道や出資金へのリターンに関する情報など実に詳細に紹介されています。同時に、このプロジェクトの開発に参加してみたい、というクリエイターの方も募集しています。

こいつぁちょっくら見逃せねえ。とお思いになりやせんか? 旦那?

文/大脇裕一

関連サイト

CAMPFIREのプロジェクトページ

(テポインー)Tepoinn® 3D VRメガネ 超3D映像効果 3.5- 5.5インチのスマートフォンに適用

Amazon: 詳しくはこちら>>>

まとめ

3D VRで仮想体験するシーンを制作する手段としては2通りが考えられます。第一は、現実世界を3Dカメラで撮影してVR化するものです。例えば、熊本地震の被害状況をVR化した映像がハコスコアプリで観ることができます。

第二は、3DCGにより、現実には存在しない世界を再現するものです。これはスターウォーズなどのSF映画などで使われています。

今回の江戸の街を再現するのはもちろん3DCGによるものですが、これだけ大規模な街並みを3DCGで再現するのはかなり大掛かりな仕事になりそうです。それだけに、実際に出来上がった江戸の街の3D VR体験はものすごく面白く楽しいものになると思います。

現在の東京の夜景を以下のリンクから、Googleストリートビューでご覧ください。映像上にマウスカーソルを持ってきてドラッグすると360°VRが楽しめます。クリックすると場所の移動もできます。スマートフォンではストリートビューアプリでご覧ください。

https://www.google.co.jp/intl/ja/maps/streetview/#tokyo/palette-town-big-ferris-wheel

3D VRと3DCGの技術がこれから進化すれば、アイデア次第で面白くて楽しいコンテンツがどんどん出てきそうですね。

【VR】 熊本地震被災地の3D VR動画を観て愕然!?

ではでは、きらやん

スポンサードリンク

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)