【3DCG】無料で使える3Dキャラクター作成Webアプリとは?!

【3DCG】無料で使える3Dキャラクター作成Webアプリとは?!

前回はPoserを使った芸能人の顔写真からフィギアを作る方法を紹介しました。しかし、簡単そうで実際にやってみるとけっこう難しいです。そこで、フォトリアルではありませんが、手軽にブラウザー上で3Dキャラクターが作れるWebアプリ(サービス)を紹介します。

スポンサードリンク

Autodesk Charactor Generatorとは?

Autodeskという会社はCG関係の仕事や趣味をやっている人ならわかると思います。3DCADではトップクラスのシェアを誇っています。いわば3DのAdobeみたいなものです。プロ用なので高価なソフトばかりを扱っていますが、そこが無料で使える一連のWebアプリ(サービス)をやっています。

いろいろなアプリがありますが、今回は話の流れ上から、3Dキャラクターが簡単に作れる、Character Generatorを紹介します。URLは以下です。
http://area.autodesk.jp/product/charactergenerator/

アカウントの作成

無料で使うにしてもアカウントを作ります。
アカウントの作成「Try Today」ボタンをクリックします。画面が変わって冒頭のアイキャッチ画像のような画面になります。左下のグレーの「Create Account」ボタンをクリックします。
サインアップ日本語になりましたが、気にせず私の場合は英語で入力しました。サインアップボタンをクリックします。
確認今度は英語ですね。両方にチェックを入れて「Accept」ボタンをクリックします。
サインインこれで使えるようになりました。この画面が表示されない場合は「サインイン」をやってください。

使い方

左上の「New」をクリックします。
キャラクター作成開始まあ、ここまで来れば、適当に選ぶか、デフォールトの女性のまま、右下の「Continue」ボタンをクリックします。
ミックスデフォールトのLenaと、右側の顔のリストからChloeを選んでLenaの右隣にドラッグアンドドロップします。そして、Lenaの左側のスライドを右にドラッグすると、LenaとChioeがミックスされます。ミックス後の顔は左側の大きな画像に表示されます。

私は日本人顔に近い感じにしました。その他の細かい各パーツの調整は今回は省略して、右下の「Finish」ボタンをクリックします。
フィニッシュとりあえず、名前は「Aki-01」にしました。これでキャラクターが1つ出来ました。もちろん、これから髪や服やポーズなど、いろいろやらなければならないことは山ほどありますが、Poserに比べると手順が明快なので作りやすいと思います。

Autodesk SketchBook Pro 6 スケッチブックプロ 並行輸入品

Amazon: 詳しくはこちら>>>

まとめ

スポンサードリンク

英語版ですが、このアプリを紹介した動画です。

日本語字幕を表示するには以下の記事を参考にしてください。

【テヨン】OnStyle チャンネルテヨン Ep3(日本語字幕表示方法など)?!

英語字幕はまともですが、日本語への変換は自動で機械的に変換するので、かなり変換精度は悪いですが、読めないこともないので、必要であれば活用してください。

Webアプリなので気軽に楽しめるというメリットがあります。多少動作が重いという欠点はありますが、そのかわりに無料にしてはかなり多くの機能とコンテンツが使えるので、初心者には十分かと思います。

3DデータのエクスポートはFBXという形式なので、そのままではPoserには読み込めません。変換する無料ソフトかWebアプリが無いかこれから調べてみます。見つかればレポートしたいと思います。

これ以外にもAutodeskはスマートフォンで使える3D関連アプリなども出していますし、作った3Dキャラクターやモデルを3Dプリンターで印刷してくれるサービスもあります。3Dプリンターを持っていない方でも手軽に3DCGが楽しめる環境を提供してくれています。

【3DCG】f(x)クリスタルの顔写真をフィギアにしてみると?!

ではでは、きらやん
[ad]

スポンサードリンク

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)