【Amazon】ファッションプライベートブランドを立ち上げ?!

【Amazon】ファッションプライベートブランドを立ち上げ?!

インターネット小売業のトップに君臨しているAmazonが、自ら立ち上げたアパレル関連のプライベートブランド(PB)商品の取扱いを開始していたことが報じられています。

スポンサードリンク

GIGAZINEの記事から引用

インターネット小売業のトップに君臨しているAmazonが、自ら立ち上げたアパレル関連のプライベートブランド(PB商品の取扱いを開始していたことが報じられています。

Amazon Quietly Rolls Out Private Label Fashions – WWD
http://wwd.com/retail-news/direct-internet-catalogue/amazon-quietly-rolls-out-private-label-fashions-10364187/

Amazon’s private label takes aim at the fashion industry
http://www.engadget.com/2016/02/23/amazons-private-label-takes-aim-at-the-fashion-industry/

PB商品の取扱いが判明したのはアメリカのAmazonで、ひと目見るだけではAmazonとの関連を感じさせないブランド名が冠されています。カテゴリ別に複数のブランドが投入されており、「Franklin & Freeman(紳士靴」「Franklin Tailored(紳士服・スーツ」「James & Erin Plus(レディースカジュアル」「Lark & Ro(レディースドレス・カジュアル」「NORTH ELEVEN(レディースアパレル・アクセサリー」「Scout + Ro(キッズアパレル」「SOCIETY NEW YORK(レディースドレス・バッグ」とったブランドの商品が販売されています。

スーツを主に扱うFranklin Tailoredのラインナップはこんな感じ。200ドルから250ドル(約2万2000円~2万8000円が価格帯となっており、激安とは言えないながらもメンズスーツとしては手頃な価格に収まっている模様。

Amazon.com: Franklin Tailored: Clothing, Shoes & Jewelry

レディースのパーティードレスやカジュアルをラインアップするLark & Roだとこんな感じ。いずれの商品も100ドル(約1万1000円を下回る価格帯に設定されており、いわゆるファストファッションの商品と競合するレンジに入っていると言えそう。

Amazon.com: Lark & Ro: Clothing, Shoes & Jewelry

KeyBanc Capitalのアナリスト、Ed Yruma氏によるとAmazonは上記7ブランドで1800 SKU(1800種類の商品を取り扱っているとのこと。その多くは女性向けの商品で、Society New Yorkは900SKU以上のドレス・バッグを扱っているのに対し、Franklin Tailoredが扱うメンズスーツは200SKU程度とのこと。

スポンサードリンク

Amazonでは従来からもアパレル関連の取扱いがありましたが、PBを立ち上げての商品展開を行うのは今回は初めてとみられ、従来から一歩踏み出したエリアに参入したものといえます。これまでにAmazonでは自社ブランドスマートフォンFire Phoneや、電子書籍のKindleを扱っていましたが、さすがにアパレルに「Amazon」の名称を付けるのは得策でないと判断したのか、新たにブランドを立ち上げて展開するというアパレル界の文法に沿った戦略を採っている模様。

一般的に、ハードウェアなどの商品に比べてアパレル商品は利益率がよいとされ、Amazonでは平均してアパレルでは40%の利益率を確保しているとのこ と。しかしその一方で、Amazonを利用する人のうち、アパレル商品を購入している人は15%と低く、このあたりの改善の如何によってAmazonの PB商品の行方が大きく左右されることになりそうです。

なお、日本のAmazonではかつて靴やバッグを専門に取り扱う「javari」というファッションサイトをamazon.co.jpとは別に運営してい ましたが、2014年に閉鎖してAmazonに統合したという経緯がありました。今回のPB展開が日本にも波及するのか、少し気になるところです。

ファッション 通販

Amazon: 詳しくはこちら>>>

まとめ

家電製品や趣味性の高いガジェット類、あるいはインクジェットプリンターのインクなど、日用品を除くほとんどの物を今ではアマゾンで購入しています。

しかし、アマゾン以外で買う物も存在します。代表例が服や靴などの衣料品です。服はやはりユニクロやGUなどの店に出かけて行って買います。靴もデパートに行って買います。なぜ通販で買わないのか、あまり考えたことはなく、なんとなく実物を見て、フィッティングルームで試してから買います。

通販で服を買うケースは、いわゆるマネキン買いという上から下までプロがコーディネートしたセットものの場合ですね。この場合はサイトで多くの中から選ぶ方が効率的だし安いです。というか、予算に合わせて選べます。

男と違って女性の場合は事情が違ってくるとは思いますが、元妻はランズエンドなどの通販を活用していました。気に入らなければとっとと返品するのを見ていると、俺にはできない・・・と思っていました。

もし、私がアマゾンで服を買おうと考えるには、マネキン買いのようなメリットがあるか、いくつかまとめ買いして、気に入らないものを簡単に返品できるようなシステムの確立のような気がします。

安くて良いものを探すのであれば、ユニクロやGUやアズールなどの店に足を運んで買うスタイルは変わらないはずなので、通販の便利さが実感出来るサービス次第かな?と思います。

【3Dプリント】即納OK! アディダスが未来の特注スニーカーを発表?!

ではでは、きらやん

スポンサードリンク

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)