【デジタル文房具】あのフォトショップで有名なアドビが発売?!

【デジタル文房具】あのフォトショップで有名なアドビが発売?!

今回紹介するのは、『Adobe Ink&Slide』。タブレットで絵を描く用のスタイラスペンと定規のセットで、フォトショップなどで有名な同社が満を持して発売した、初のハードウエア製品です。

スポンサードリンク

M-ON! Pressの記事から引用

今回紹介するのは、『Adobe Ink&Slide』。タブレットで絵を描く用のスタイラスペンと定規のセットで、フォトショップなどで有名な同社が満を持して発売した、初のハードウエア製品です。

アナログ代替じゃないデジタル文具
Adobe
Adobe Ink&Slide
実勢価格:1万3930円
02
▲筆圧感知スタイラスペンとデジタル定規のセット。手描きのなめらかさと製図板の正確さをタブレットで発揮できる。

面白いのはこの定規。一見して定規に見えないプラスチックの箸置きみたいなモノなんですが、液晶の上に置くと、専用ドローイングアプリの画面中で板から数mm離れた位置に線が現れます。で、スタイラスで線をなぞると、フリーハンドでもぴたっと直線が引ける。定規は円や三角、雲形定規などに変化します。もちろん定規サイズも自由に変更可能。この板一つに直定規や三角定規、コンパスなどが詰まってるわけで、直線も曲線も図形も自由自在。それって絶対にアナログの定規ではできないでしょう。

03
▲アプリ上で切り替えるだけで、どんな形の定規でも自由に呼び出す事ができる。

アナログの文房具をデジタルで再現しようとしても、アナログに敵わない部分は絶対に出てくる。でも、これはアナログの代替物としてではなく、最初からデジタルで使うことを前提に作られた新しい文房具なんです。

ただ、タブレットでは画面が小さすぎる。せめてスケッチブックぐらいの画面サイズがあればクリエイティブな作業道具として十分に使える。

例えば編集者が雑誌のラフを描くのも、デジタル定規で誌面原寸大の画面に四角や線を描くだけで整って見やすいものが素早くできるはず。プロダクトデザイナーが製図する時なんかも手で思ったままにきちっとした線を引けるのでいいですよね。

製図用ドラフターのように大きな液晶に円筒形のノブを置いたら画面内で自由に角度を変えて線が引けて……というのが未来の設計士の道具になったりするかも。

スポンサードリンク

【文具王の研究結果】
デジタル製図のためのスーツ
04
▲大画面のタブレットにデジタル定規の組み合わせは未来の製図ツールとしての可能性を感じます。コンピュータを使ったcadよりも直感的かつスマートに線が引けるはず。

[ad]

まとめ

これはペンと定規のセットなので、当然ですがタブレット(iPad)は付属しません。つまり、iPadをお持ちでない場合は、先ずはiPadを買ってから考えてください。

私のタブレットはAndroidなので、このセットは使えません。おそらくタブレットにインストールするアプリがiOS専用だと思われます。Androidユーザーはご注意ください。
以下はAmazonの販売ページからの引用です。

Adobe Ink & Slideは、アドビが提供するタブレット向けアプリ Adobe Illustrator LineやAdobe Photoshop Sketch などと連携して使用することができます。

必要なシステム構成

  • 対応ハードウェア:iPad (第4世代)、iPad Air、iPad MiniまたはiPad Mini(Retinaディスプレイモデル)。
  • 対応アプリケーション:Adobe Illustrator Lineや Adobe Photoshop Sketch などの対応アプリケーションで最適に動作するようにデザイン(最新の情報は https://www.adobe.com/products/ink-and-slide.html でご確認ください)。アプリケーションをAdobe Ink & Slideに対応させるために、Adobe Creative SDKをご用意しています。Creative SDK(https://creativesdk.adobe.com/)では、Creative Cloudと連携する様々な機能をご利用いただけます。
  • Creative Cloud メンバーシップ:クラウドクリップボード、カラーテーマの呼び出し、Behanceで作品を公開する等のCreative Cloud連携機能をAdobe Ink & Slide でご利用いただくには、Creative Cloud メンバーシップが必要です。無償のCreative Cloudメンバーシップでもご利用いただけます。無償メンバーシップの利用方法は http://www.adobe.com/jp/jos/creativestation/howto/try.html をご参照ください。
  • 同梱物:「Adobe Ink」「Adobe Slide」「充電ケース」「画面クリーニングクロス」「USB ケーブル」「クイックスタートガイド」
  • Adobe Micro USB ケーブル:長さ 1000 mm
  • ワイヤレス:Bluetooth 4.0 LE

iPadをお持ちの方も上記のシステム構成をよくご覧になってからご検討ください。

【iPhone6s】どの辺が変わったの?歴代モデルと比較してみたら?!

ではでは、きらやん
[ad]

スポンサードリンク

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)