【Google play music】AOAの最新アルバムを聴くには?!

【Google play music】AOAの最新アルバムを聴くには?!

AOAの最新アルバム「Ace of Angels」がサブスク(定額制音楽配信サービス)のGoogle play musicで聴けるようになりました。今回はiPod touchで聴く方法を紹介します。また、私がサブスクを聴いている機材も紹介します。

スポンサードリンク

「Ace of Angels」の「Oh BOY」を聴いてみる

アルバムのリードトラックです。iPod touchからWifiでネットワークオーディオプレーヤーに送って、PCスピーカーを鳴らしています。


通常はサブスクを聴くのはイヤフォンかヘッドフォンだと思いますが、私の場合はPCスピーカーでBGMとして聴く事が多いです。その場合は十分な音質が得られています。ちなみにWiFi環境では、ビットレートは320kbpsになるよう設定しています。
[ad]

Google play musicでAOAの「Ace of Angels」を聴く方法

今回はiPod touchで説明しますが、iOSとAndroidの両方で使えます。パソコンのブラウザーにも対応しているので、すべてのデバイスで利用が可能です。

先ずアプリをインストールします。App Storeに行き、Google play musicで検索すると以下の表示になるので、右上のボタンでインストールします。
IMG_0179 インストールが終わったら「開く」ボタンをタップします。
AOA私の場合はすでにAOAや他のアーティストの曲を聴いているので、下の「最近のアクティビティー」に表示されています。

左上のメニューアイコンをタップします。AOA「マイライブラリー」をタップします。右上の虫眼鏡のアイコンをタップします。上にある検索窓に「aoa」と入力し、右下の「Search」ボタンをタップします。
AOAいくつかAOAのサムネイルが表示されますが、これは他にもAOAというグループがあるためです。左上のサムネイルをタップします。
AOAAOAのサムネイルをタップします。
AOA「Ace of Angels」のアルバムを、下にスクロールして見つけます。
AOA一番トップにあると思うので、左上の「Ace of Angels」のサムネイルをタップします。
AOAこのまま右端の中央にあるオレンジ色のプレイボタンをタップしても良いですが、曲のリストを見るために下にスクロールしてみます。
AOA一番上の「Oh BOY」をタップします。
AOA演奏が始まるので、一番下の「Oh BOY」と表示されているところをタップします。
AOAこれがプレイ画面です。通常はこの状態で音楽を聴きます。操作は簡単なので分かると思います。

右上の音符マークとリストのアイコンをタップしてみます。
AOAアルバムの全ての曲がリスト表示されるので、聴きたい曲があればタップします。再度ボタンをタップすれば、元のプレイ画面に戻ります。

スポンサードリンク

画面を元に戻したい場合は、多くの場合は左上をタップします。ここに矢印のアイコンがあるのですが、ほとんどの場合に見えにくいです。

Ace of Angels(初回限定盤A)(DVD付) CD+DVD, Limited Edition

Amazon: 詳しくはこちら>>>

まとめ

私のサブスクを聴いている機材を紹介します。場所はキッチンで聴いています。
スクラブ再生機材は以下の3点です。
1.iPod touch 3万円
2.ネットワークオーディオプレーヤー:DENON DNP-720SE 4万円
3.PCスピーカー:BauXar Jupity301 7万円

合計で14万円のセットですが、下手なオーディオセットより高額ですね。なぜこんな事になっているかというと、使いまわしているうちに、たまたまこうなってしまいました。

しかし、スピーカーが置いてあるところにお客さんが座るので、なんとなく緊張感があるみたいで、明日注文しているJBLのPebbles(6千円)が届くので、それと取り替える予定です。

Jupity301はオーディオセットの横に置いてあるレコードプレーヤーに繋いで鳴らそうと思っています。現在は、CDとアナログレコードで切り替えて鳴らしていますが、ボリュームが違うので毎回変えるのが面倒だからです。

AOAの「Ace of Angels」は、リリースとほぼ同時にサブスクでも聴けるようになりました。サブスクのネックは新しいCDが出てもすぐに聴けなかった事ですが、この課題も解決しつつあるようです。

【サブスク】+αで超快適!【定額制音楽配信+ポータブルアンプ編】

ではでは、きらやん
[ad]

スポンサードリンク

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)