【ハイレゾ】イヤフォンの音をハイレゾ録音して聴き比べてみた?!

【ハイレゾ】イヤフォンの音をハイレゾ録音して聴き比べてみた?!

iPod touchのmoraプレーヤーアプリでハイレゾ音源「VOICES」の一部を再生して、3種類のハイレゾイヤフォンと2種類のハイレゾでないイヤフォンをハイレゾ録音して聴き比べてみたので紹介します。ハイレゾイヤフォンの必要性は?

スポンサードリンク

録音機材

・ステレオICレコーダー:オリンパス LS-20M リニアPCM ハイレゾ96kHz/24bit 非圧縮WAV形式
・音楽プレーヤー:iPod touch 第6世代 iOS 9.3.3
・イヤフォン:価格はAmazon(2016/8/4時点)
・・iPod touch付属 Apple純正イヤフォン
・・リンクスインターナショナル Lightningコネクタ直結 ハイレゾ IC-Earphone ICEP-LT-04 BL 6,458円
・・JBL エントリーモデル Synchros E10NP 4,300円 + audio-technicaハイレゾDACアンプ
・・
audio-technica ノイズキャンセリング ATH-ANC23 BK IM 5,872円 + audio-technicaハイレゾDACアンプ
・・JBL Lightningコネクタ直結 ノイズキャンセリング REFLECT AWARE 24,425円

audio-technicaハイレゾDACアンプとApple Lightningコネクタ直結ケーブルは合計:14,271円

ブログのサーバーへのアップロード容量が少ないので、ハイレゾで録音できる時間は30秒程度になりました。ハイレゾ音源「VOICES」の中の比較的音数が多い部分を選んで録音しています。

録音を聴き比べてみる

・Apple純正イヤフォン:アナログ端子(ハイレゾにはならないが、比較用)


 

・リンクス Lightningコネクタ直結 ハイレゾイヤフォン

 

・JBL エントリーモデル + audio-technica ハイレゾDACアンプ + Apple Lightningコネクタ直結ケーブル

スポンサードリンク

 

・audio-technica ノイズキャンセリング + audio-technica ハイレゾDACアンプ + Apple Lightningコネクタ直結ケーブル

 

・JBL Lightningコネクタ直結 ノイズキャンセリング REFLECT AWARE(ハイレゾにはならないが、比較用)

 

OLYMPUS リニアPCMレコーダー 8GB ハイレゾ対応 LS-P2 ブラック LS-P2 BLK

まとめ

これほど音質が違うと、どれが良くてどれが悪いという評価は難しいですが、どれかひとつ選べと言われれば間違いなくオリンパスのノイキャン+オリンパスのハイレゾDACアンプの組み合わせになるかと思います。

Apple純正は低音域が強調され過ぎていて、全体的に音がモヤモヤした感じがします。リンクスのハイレゾイヤフォンは、逆に高音域が強調されすぎて、キンキンした感じがします。JBLのエントリーモデルはバランスは良いのですが、なんとなく安っぽい感じがします。

オリンパスが最もバランスが良くて、しかも音の分離が良いので気持ちよく聴く事ができます。JBLのノイキャンはたしかに高級な音のような感じは受けますが、低音が強調されすぎて全体のバランスが悪く感じます。

今回の方法では、ハイレゾの微妙な違いは聴き分けられず、それ以前の問題の方が強調されてしまいました。やはり、耳で評価するのがオーソドックスで良さそうです。

イヤフォン選択の際の参考にして頂けたら幸いです。

【K-POP】に合うイヤフォンの音を録音して聴き比べてみた?!

ではでは、きらやん

スポンサードリンク

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)