【アイスコーヒーメーカー】Zoku「Iced Coffee Maker」を使ってみたら?!

【アイスコーヒーメーカー】Zoku「Iced Coffee Maker」を使ってみたら?!

家庭でアイスコーヒーを作る際に、水出しコーヒーは作成に時間がかかり、かといってホットコーヒーに氷を入れると味が薄まってしまうという問題があります。Zoku「Iced Coffee Maker」は時短でアイスコーヒーを薄めずに作りたい人の見方になっているとのことなので、実際に購入して使ってみました。

スポンサードリンク

GIGAZINEの記事から引用

キリッと冷えたアイスコーヒーが欲しくなる季節ですが、家庭でアイスコーヒーを作る際に、水出しコーヒーは作成に時間がかかり、かといってホットコーヒーに氷を入れると味が薄まってしまうという問題があります。Zoku「Iced Coffee Maker」は時短でアイスコーヒーを薄めずに作りたい人の見方になっているとのことなので、実際に購入して使ってみました。

Iced Coffee Maker | Zoku
http://www.zokuhome.com/collections/all/products/iced-coffee-maker

これがZoku「Iced Coffee Maker」のパッケージ。

中には本体・ストロー・取扱説明書が入っていました。

本体は、アウタースリーブ・インナーカップ・フタに分解できます。

重さは実測で634g。

使用する前にインナーカップを8時間ほど冷凍庫で冷やしておく必要があるので、朝使おうという場合は夜寝る前に冷凍庫にインすればOKです。

翌日取り出すと、カップは冷え冷え。

外に出してしばらくすると、カップの外側や内側が結露しだすほど。

ということで、アイスコーヒーを作っていきます。まずは普段コーヒーを作るのと同じ要領でお湯を沸かします。

インナーカップをアウタースリーブにセットして……

あとは、コーヒー豆やフィルターを直接Iced Coffee Makerにセットして、お湯を注ぎます。

3回にわけてお湯を注ぎ終えてすぐにコーヒーの温度を測ってみると、この時点で11.8度。コーヒーを入れている間にも冷却が始まっているので、かなり温度が下がっていました。

説明書によるとコーヒー注いでから7~8分待てば完成、とのことなので、温度の下がり具合を観察しつつ待ってみます。

スポンサードリンク

時間を計り始めてから1分30秒ほどで温度は4度にまで到達。

さらに、タイマーのスタートから3分半を経過した時点で既に1.6度に。この時点でコーヒーは冷え冷えなので、8分を待たずしてアイスコーヒーを楽しめま す。抽出後の熱々コーヒーを一度に注ぐのではなく、すこしずつコーヒーをカップの中に入れていたので、冷却時感を短縮できた様子。

8分が経過した時には、少しコーヒーが凍り始めるほどでした。

飲むときはフタとストローをセット。

本体を片手で持つと、このくらいのサイズです。

ちなみに、ストローを刺すとこんな感じで隙間ができてしまい、完全密封というわけにはいけないので、水筒のようにカバンの中に入れてしまうことは不可。

ストローを抜くと以下のような感じ。

ということで、持ち運ぶ時は手に持つのがベター。時間のない朝はコーヒーをしっかり冷やすことが難しいので、Iced Coffee Makerにコーヒーを入れてすぐ持って出れば、通勤中などに冷え冷えのコーヒーを楽しめます。

もちろんおうちでまったり過ごしている時でも使えます。

時間がたつとインナーカップによってアイスコーヒーが冷却され、氷状になってくるので……

牛乳を注げば、氷コーヒーとしても楽しめます。

なお、Zoku「Iced Coffee Maker」は楽天市場Amazonで4,968円からの取り扱いになっています。

ZOKU ゾクアイスコーヒーメーカー (39434 ブルー)

Amazon: 詳しくはこちら>>>

まとめ

容器を冷凍庫で冷やしておくだけで、これほどの瞬間冷却能力があるとは驚きですが、おそらく少しづつコーヒーを淹れるのがコツなのかもしれません。ただし、8時間冷凍庫で冷やす必要が本当にあるのなら、1日に2回から3回しか使えないのがネックかも。

コーヒー好きの人にとっては、1日に2回おいしいアイスコーヒーが飲めるのはメリットだと思います。私の場合はほとんど行きつけの喫茶店でアイスコーヒーを飲むので、そういう人だと自分で淹れるのは面倒かもしれませんが・・・

コーヒーを飲むという行為は、「味を楽しむ」というのももちろんありますが、なんというか、「時間を楽しむ」というのもあるのではないでしょうか? それをどういうシチュエーションで楽しみたいかによって、自宅であったり喫茶店であったりカフェであったりと自由に選びたいですね。

【アイスコーヒーメーカー】『Hyperchiller』熱々のコーヒーを瞬時にアイスコーヒー化?!

ではでは、きらやん

スポンサードリンク

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)