【iPhone 7】イヤホンジャックが消える?ワイヤレス充電も?!

【iPhone 7】イヤホンジャックが消える?ワイヤレス充電も?!

2016年9月のデビューが予想される新型iPhone(iPhone 7)をめぐっては、薄型化が進められることで従来のイヤホンジャックが廃止されるという噂があり、真実味が増してきています。また、ワイヤレス充電に対応するという情報も。

スポンサードリンク

GIGAZINEの記事から引用

2016年9月のデビューが予想される新型iPhone(iPhone 7)をめぐっては、薄型化が進められることで従来のイヤホンジャックが廃止されるという噂が流れていましたが、サプライヤー系の情報によるとこの変化に真 実味が増してきています。また、iPhoneシリーズでは初となるワイヤレス充電に対応するという情報も流れています。

Apple again rumored to drop 3.5mm headphone jack from ‘iPhone 7’ for Lightning, Bluetooth
http://appleinsider.com/articles/16/01/05/apple-again-rumored-to-drop-35mm-headphone-jack-from-iphone-7-for-lightning-bluetooth

It’s True: Apple Will Drop Headphone Jack To Make The iPhone 7 Slimmer, Says Source
https://www.fastcompany.com/3055208/its-true-apple-will-drop-the-headphone-jack-to-make-the-iphone-7-slimmer-and-simpler

ビジネス系メディアのFast Companyが 中国のiPhoneサプライヤー周辺から得た情報では、Appleは大方の予想どおりに3.5mmイヤホンジャックを廃止してLightning端子に オーディオ機能を集約、あるいはBluetooth接続による新たなオーディオ出力方式を取り入れるという見方が強まっています。

この変更を実現するにあたり、Appleは長年にわたってパートナー関係を築いてきたCirrus Logicと共同でLightning端子を用いてオーディオ出力を行うチップセットの開発にあたっているとのこと。iPhone 7では、従来の3.5mmジャックを装備した純正イヤホン「EarPod」に替わり、Lightning端子を装備した新しいタイプのEarPodが同梱 されることになるとみられています。

さらに、Cirrus Logicは周囲の騒音を打ち消す「ノイズ・キャンセリング」技術を持つWolfson Microelectronicsを2014年に買収していることから、iPhone 7ではシリーズ初となるノイズキャンセリング機能を持つイヤホンが登場するという観測も。このシステムが搭載される場合は、ソフトウェア側ではなく専用のチップに焼き付けられた形で実装されるとも考えられています。

なお、このノイズキャンセリング機能つきイヤホンは上級オプションとしてiPhone 7純正イヤホンとは別にラインナップに加わることになるとみられています。また、その場合はAppleが持つBeatsブランドとしての商品になるともみられています。

スポンサードリンク

一方で、この変化が実現されると既存のイヤホン関連メーカーは新たな対応を迫られることになりそう。従来のイヤホンジャックが使えなくなった場合は Lightning端子と接続できるイヤホン・ヘッドホンを開発する必要が生じるわけですが、その際にAppleはLightning端子からオーディオ を出力するチップを有償でライセンス販売することになるとみられています。これは、それまでの31ピン端子からLightning端子へとiPhoneシ リーズが移行した時の状況と同じような構図となっています。

By frankieleon

さらに、iPhoneでもようやくワイヤレス充電が実現するという情報も流れているとのこと。これはすでにApple Watchでも導入済みの技術であることから、技術的にはそれほど高いハードルはなさそう。ライバルであるAndroid陣営では、いくつものワイヤレス 給電モデルが存在していることから、この機能を待っていたというユーザーも多いはず。

いずれも臆測の域にとどまる情報ですが、Fast Companyは「It’s True」と記事タイトルに記載していることからも、情報の確度に自信がある模様。登場が待ち遠しい技術であることは間違いありませんが、価格の高騰が続 くiPhoneの端末価格がどんなことになるのか、そちらも気がかりになってきそうです。

SONY カナル型ワイヤレスイヤホン ノイズキャンセリング Bluetooth対応 リモコン・マイク付 ホワイト MDR-EX31BN/W

Amazon: 詳しくはこちら>>>

まとめ

私はカナル型Bluetoothワイヤレスイヤホン(TaoTronics)を2,500円くらいで買って使っていますが、便利です。電話の着信時にはスマートフォンに触らずに通話が可能です。その時は自動的に音楽のレベルが下がるのでワンクリックでOKです。

音楽を聴いている時には、プレーヤーアプリをリモコン操作できます。スタート/ストップ、次/前の曲へのジャンプ、音量調整がイヤホンのボタンで可能です。音質も価格以上のものがあります。

もしiPhone 7でイヤフォーン端子が無くなっても、Bluetoothなら汎用性があるので、ノイズキャンセリング機能が付いたワイヤレスイヤフォーンがオススメですね。

【オーディオ】低価格ワイヤレスイヤフォンの実力とは?!

ではでは、きらやん

スポンサードリンク

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)