【iPod touch】JBLのBluetoothワイヤレスイヤフォンの音質と実用性とは?!

【iPod touch】JBLのBluetoothワイヤレスイヤフォンの音質と実用性とは?!

iPod touchのイヤフォンを検討中ですが、今回は実用性を優先してワイヤレスイヤフォンを検討し選定した結果、JBL「EVEREST100」(13,999円)を購入したので、その音質と実用性についてのファーストインプレッションを紹介します。

スポンサードリンク

iPod touchで使うイヤフォンの検討

今までにiPod touch用として以下のイヤフォンを目的別に選定し購入して紹介してきました。
1. ハイレゾ用:リンクスインターナショナル「IC-Earphone」(Amazon: 7,953円)DAC: 96kHz/24bit
2. リッピング/ストリーミング用:JBL「REFLECT AWARE」(Amazon: 24,425円)DAC: 48kHz/16bit ノイズキャンセリング

両者ともLightningコネクタ直結型のDAC/アナログアンプ内蔵イヤフォンなので、iPod touch内のDAC/アナログアンプを経由しないので、より高音質が期待できます。このことでiPod touchにハイレゾ音源をダウンロードすれば、ハイレゾが楽しめます。

簡単な評価を行った結果、リンクスは、ハイレゾ向けに制作された曲の場合は非常に高音質で聴くことができることが確認できました。一方で、同じハイレゾでもCD向けに制作された曲の場合は、JBLのノイキャンの方がむしろ音が良く聴こえました。

また、リンクスは実用性の点で課題があり、耳へのホールド性が若干悪く、作業をしながら聴いているとズレてきて音質に悪影響を及ぼすことがわかりました。このことから、ハイレゾ向けの音源を静かに聴くことに限定した使い方になります。

この段階で、実用性に重点を置くとBluetoothワイヤレスイヤフォンが優れているという結論になり、機種選定を行った結果、以下のイヤフォンを選定して購入しました。
・Bluetoothワイヤレスイヤフォン:JBL「EVEREST 100」(Amazon: 13,999円)

BluetoothイヤフォンはやはりDAC/アナログアンプを内蔵していますが、無線通信のプロファイルがiPod touchではハイレゾに未だ対応していません。このため、ハイレゾを高音質で聴く事には使わず、汎用的に通常音源とストリーミングを快適に聴く事を目的としました。

以上の今までの検討経過を書いた記事は、この記事の文末にまとめてリンクを掲載していますので参考にしてください。

Lightning直結型イヤフォンと比較すると、ケーブルレスなので取り回しの煩わしさが無い、Lightningコネクタを使わないのでiPod touchを充電中にも使える、などの実用的メリットがあります。では音質はどうでしょうか?

Bluetoothワイヤレスイヤフォンの音質

JBLのノイキャンイヤフォンの音質が、今まで買って使って来たいくつかのJBL製スピーカーやヘッドフォンの流れをくむ優れたものだったので、ワイヤレスイヤフォンもJBL製にして、その音質に期待していました。

実際に聴いてみると、結論から言うと、やや期待外れでした。というのは、私がイメージしていたJBL的な音作りとは若干異なった音だったからです。とは言っても、他のメーカーと比較しても優れた音質であることは確かです。

どう異なっていたか?というと、「軽い」というか「ポップ」な感じです。ノイキャンの音質は低音が重く、中高音は深みのある落ち着いた音だったので、同じ音源で比較すると、とても同じメーカーのイヤフォンの音には聴こえませんでした。

スポンサードリンク

しかし、ポップな曲には合っていて、例えば、K-POPの少女時代のテヨンの最新ソロアルバム「Why」や、ガールズバンドSCANDALの最新アルバム「YELLOW」などをApple Musicで聴いた場合は非常に相性が良く、低音の音圧は十分に出ているけど軽い感じです。中高音は明るく抜けの良い音ですね。

ノイキャンの方はiPod touchのボリュームを最大にしても普通に聴く程度の音圧しか得られませんが、ワイヤレスだと同じ音圧を得るのにボリュームは70%くらいで良く、音源のレベルに対する余裕があります。

JBLの音のイメージを期待して買うと、少々ガッカリするかもしれませんが、ストリーミング中心で最新のポップスをBGM的に聴くような使い方であれば、使い勝手の良さやポップな音質で長時間楽しめるイヤフォンだと思います。

JBL【国内正規品】EVEREST 100 ワイヤレスイヤホン Bluetooth 密閉ダイナミック型 ホワイト V100BTWHTGP

Amazon: 詳しくはこちら>>>

まとめ

バッテリーの充電は、マイクロUSB端子で行うので、Androidスマートフォンと共通ですし、コンビニでもACアダプターを売っているので便利です。充電時間は2時間くらいで、実際の使用可能時間は8時間程度なので、メーカーの公称8時間は良心的ですね。

ワイヤレスイヤフォンは2,000円くらいからあるので、こだわりが無ければ3,000円クラスでも十分だとは思います。今回のJBLだとその4倍以上もするので、ある程度の質感や音質へのこだわりがあればお勧めします。

関連記事へのリンクは以下です。

【ハイレゾ】iPod touchで初めてハイレゾ音源をゲットして聴いてみると?!

【Lightningコネクタ直結】で充電不要! JBLのノイキャン『REFLECT AWARE』?!

【Lightningコネクタ直結】JBLノイキャンイヤフォンをハイレゾ音源で聴いてみると?!

【Lightningコネクタ直結】ハイレゾDAC内蔵イヤフォンをJBLと比較視聴?!

【iPod touch】Bluetoothイヤフォンでハイレゾが聴けるのか?!

ではでは、きらやん

スポンサードリンク

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)