【モバイルPC】ミニWin10パソコンが文具のキングジムから?!

【モバイルPC】ミニWin10パソコンが文具のキングジムから?!

もしキングジムのメモ端末「ポメラ」がPCになったら……? ズバリ買っちゃうでしょ!「小さいことは良いことだ」を信条とするモバイル派にとっては、鼻血が止まらないほどの大興奮マシンとなるであろう小型PCが登場

スポンサードリンク

M-ON! Pressの記事から引用

もしキングジムのメモ端末「ポメラ」がPCになったら……? ズバリ買っちゃうでしょ!

「小さいことは良いことだ」を信条とするモバイル派にとっては、鼻血が止まらないほどの大興奮マシンとなるであろう小型PCが登場。それがキングジムの『ポータブック(PORTABOOK)XMC10です。

portabook01
▲収納状態のポータブック。204mm × 153mm × 34mm、約830g

長辺204mmのA5手帳サイズながら、キーピッチ18mmのフルキーボードを採用。この数字を見ると、モバイルPCに詳しい人からは「何を言っているんだ、お前は」と言われそうですが、その秘密は下の動画で確認してもらえれば!

portabook06 portabook07
▲これが、

portabook08 portabook09
▲こうなる。

なるほど、左右に分割されたキーボードが、収納時にはそれぞれ90度回転して小さく折りたたまれるというわけですね。どことなくカブトムシやセミみたいな昆虫っぽさを連想してしまうのは私だけでしょうか。もっとも、オールドPCファンにとっては、収納方式こそ違えど、90年代IBMの名機『ThinkPad 701C』のバタフライキーボードを彷彿とさせるものがあるかもしれませんね。

portabook02 portabook03

portabook10 portabook11
▲本体から横にはみ出す、しっかりしたキーボード。なお画面は8インチで解像度1280 × 768ピクセル。

ちなみにポータブックは、ThinkPadのトラックポイントに似たポインティングデバイス『光学式フィンガーマウス』をキーボード中央に備えています。タッチスクリーンではないものの、従来のラップトップ同様に利用できますし、200万画素ウェブカメラやマイクといった入力装置も装備。

portabook04
▲バッテリー容量こそ少なめだが、充電・給電の仕組みがコンパクトなのはありがたい。

スポンサードリンク

内蔵バッテリーでの駆動時間は5時間と短めなものの、ちょっと取り出して外出先で軽めの作業をするのには充分かも。何より特筆すべきはモバイルバッテリー (5V/2A)からの充電に対応していたり、スマートフォンやタブレットのような小型USBタイプのACアダプタが同梱されていること。モバイルPCで ネックになりがちだった「本体は小さいけれど電源アダプタがゴツい問題」を見事に解決しています。

portabook12
▲レガシーなVGAポートが用意されているのは、出先でのプレゼンなどで意外と重宝するありがたい気配り。

外部機器の接続インターフェースは、USB2.0、SDカードスロット、HDMIとVGAが各1基と、必要最低限に絞られており、無線インターフェースは Wi-Fi(IEEE 802.11b/g/n)とBluetooth4.0+EDR。1.6GHzのIntel Atom x7-Z8700と2GBのメインメモリ、内部ストレージが32GBとPCとしてはスペック重視ではないことからも、持ち運び用のセカンドマシンとしての用途が前提になりそう。とはいえ、最新のWindows 10 Home 64 ビットOSにOffice MobileとOffice 365 サービスが付属するソフトウェア面は、軽めのビジネスユースなら充分にこなしてくれるでしょう。

なお、発売日は2016年2月12日の予定で、予想実売価格は9万円くらいとなる見通し(オープン価格)。この小ささにビビッときた人は、冬のボーナスやお年玉をしばらく温存しておくべし、ですよ!

[ad]

Acer 2in1 タブレット ノートパソコン Aspire Switch 10 SW5-012-F12P/S /10.1インチ

Amazon: 詳しくはこちら>>>

まとめ

私が持っているWindowsパソコンは、仕事用の巨大なノートPC(Windows7 Pro. 32bit)と、自作PC(Windows Vista 32bit)の2台ですが、最近少々新しいモバイルPCが欲しくなっていたところです。

と言うのは、64bitのWindowsパソコンの必要性が高まってきました。別に4GB以上のメモリーが必要だからではないのですが、なぜか3DCGソフトが64bitアプリケーションに移行するケースが多くなりました。iClone6がその最たるものです。

仕事用のノートPCを64bitには現段階では恐ろしくて出来ません。64bitのWindows7インストール用DVDは持っているのですが、32bitから64bitにするにはクリーンインストールしなければならないのがネックです。

VistaのPCは、できるだけ軽い状態にしておきたいので、こちらも64bitに上げる必要性を感じていません。

今回の「ポータブック」は最初から64bitのWindows10なので話は簡単です。普段はHDMIで32インチモニター(テレビですが)に繋いで使えば良いので、コンパクトで場所を取らないのが良いです。フルキーボードサイズなのも良いですね。

9万円は少々お高く感じますが、仕事用の巨大なノートPCは20万円くらいしたので、それから考えると安いような気もします。

仕事用ではないが、ブログの記事を充実させるために必要な投資と思えば、良い買い物かもしれません。もっとも、ブログの広告収入で9万円を回収するにはけっこうかかりますが・・・

【iPad Pro】Appleの怪物タブレットの発売日が明らかに?!

ではでは、きらやん
[ad]

スポンサードリンク

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)