【Ohm Studio Free】無料無期限のシンプルDTMソフトを使うには(ループ編)?!

【Ohm Studio Free】無料無期限のシンプルDTMソフトを使うには(ループ編)?!

Ohm Studio Freeは無料で使える期間や時間制限の無いDTMソフトでバッキング演奏に使えるので紹介します。Windows10でもOKです。UVI Workstationとの連携で威力を発揮しますが、今回はループサンプル音源だけで試しますが?

スポンサードリンク

アカウントを登録する

このソフトはベースが音楽SNSになっているので使うにはログインする必要があります。つまりネットに繋がった状態で使うのが前提です。そのために先ずはアカウントの登録をします。以下のサイトに行きます。
https://www.ohmstudio.com/
Ohm Studio

右上の「sign-up」をクリックします。

ちょっと面倒ですが、無料で使うための儀式と割り切って以下から英語で記入します。
Ohm Studio下にスクロールします。

Ohn Studio

Captchaは写真内の数字を記入します。上記の例では「228」となります。Terms of useにチェックを入れ、「Send me a confirmation email」ボタンをクリックします。すると、登録したメールアドレスにアカウントの登録を完了するためのリンクアドレスが送られてきます。
Ohm Studioリンクをクリックして登録を完了します。

Ohm Studio Freeをダウンロード&インストールする

トップページに戻ってログインします。
Ohm Studio右上の「login」をクリックします。

Ohm Studio

登録したユーザー名とパスワードを入力し、右下の「Login」をクリックします。

Ohm Studio

私はすでにプロジェクト(ソング)を1つ作っているのでそれが表示されています。これはクラウド上にあるので他のPCやiPhoneなどでも開けますが、最初は空白です。このまま最後まで下にスクロールします。
Ohm Studio左の「DIRECT ACCESS」の下にある「Download」をクリックします。すぐにインストーラーのダウンロードが開始され、すぐに完了します。他のDTMソフトだと数GBもあって1時間以上かかるものもあるので好感が持てます。

インストーラーを起動します。
Ohm Studio右下の「Accept」をクリックします。

Ohm Studio

UVI Workstationのダウンロードとインストールは後回しにして次回に紹介します。ここでやるとややこしいことになるのでやらないでください。右下の「Next」をクリックします。

Ohm Studio

インストールはこれで完了です。右下の「Finish」をクリックします。

Ohm Studioを起動してセットアップする

Ohm Studio

今度はOhm Studio自体にログインします。ユーザー名とパスワードを入力して「Login」ボタンをクリックします。

Ohm Studio

これがSNS画面です。すでにプロジェクトを作っている人はプロジェクトをクリックして「Open」をクリックします。新しくプロジェクトを始める人は右上の「New Project」をクリックします。その場合は好きなジャンルやムードなどを指定してスタートします。

Ohm Studio

ループサンプルを探しダウンロードする

今回はサクッと音を出すことに主眼を置き、ループサンプル音源のみでドラムとベースと上物シンセを鳴らします。シンセなどをいじって楽しみたい方は次回にUV Workstationとの連携を紹介しますのでそちらを参考にしてください。

ループサンプル音源を無料でダウンロードできるサイトとして以下に行きます。
http://www.musicradar.com/
musicradar
トップメニューの「Tech」をクリックします。

musicradar

スポンサードリンク

2番目のメニューの右にある「Free samples」をクリックします。ページが開かなかったりしても一時的ですので少し時間を置いて再度クリックしてみてください。サイトが混んでいるのでサーバーのレスポンスが間に合わないことがあるようです。

sampleradar

下にスクロールするとABC順にリンクが並んでいます。今回はHouseをターゲットにします。

musicradar

一番下にある「338 free house samples」をクリックします。

musicradar

下にスクロールします。

musicradar

プレビューを聴いてみて気に入ったら「House samples(394MB)」をクリックしてダウンロードします。解凍してフォルダーを開くと以下のようになります。
Ohm Studio私はWindows 10のGrooveミュージックでフォルダーを指定して連続まとめ聴きをしています。iTunesやMedia Playerでも良いと思います。
Ohm Studio使うループの確認が終わったらOhm Studioに戻ります。右下のPluginsから「Audio Track」を左のRackスペースにドラッグ&ドロップします。
Ohm Studioトップメニューの「File」>「Import Audio…」をクリックします。Ohm StudioOhm Studio

ループファイルを選んで読み込みます。

Ohm Studio

「Stretch to Project Tempo」をクリックし、「Original BPM」を今回の場合はループのテンポに合わせて「128」に書き換えます。

Ohm Studio

波形の上にあるループ範囲をループの長さに合わせて、ループボタンを黄色にしておいてプレイボタンをクリックして音が出るか確認します。音が出ない場合は、トップメニューの「Edit」>「Preferences…」をクリックします。
Ohm Studio
Ohm Studio「Audio」ボタンをクリックして、「Audio Engine」や「Output Device」のポップダウンメニューから別の設定に変えて、右下の「Apply」をクリックして音が出るようにします。設定を変えたら毎回Applyをクリックして確認してください。

上記をRackにAudio Trackを追加しながら、Beat(ドラム)、Bass(ベース)、Synth/Piano(上物シンセ/ピアノなど)の3つの楽器について繰り返してRackにセットします。
Ohm StudioOhm Studio

今回は1つのRackに3つのTrackを追加してセットしましたが、このケースではまとめて操作できる便利さがある反面、各楽器ごとに個別にボリュームを調整できないなどの不便さもあるので、最初は1つのRackに1つのTrack(楽器)を入れて、3つのRackを作って操作した方が良いかもしれません。

以上で今回のOhm Studio(ループ編)の紹介を終了します。

M-Audio USB MIDIキーボード 32鍵 Ableton Live Lite付属 Keystation Mini 32

Amazon: 詳しくはこちら>>

まとめ

今回作った曲を右上の「Export」をクリックして書き出します。
Ohm Studio「Export to Disk」をクリックして、右下の「Save…」をクリックし、場所とファイル名を指定して「保存」をクリックすると.oggファイルで書き出されます。

.oggはあまり一般的ではないので、media.ioというサイトで.mp3などにファイル変換をします。
http://media.io/
Ohm Studio

以下が今回作ったMySong-02.mp3です。


前回のREASONに比べるといじれるところが少ないですが、ループの組合せなので割と気楽に曲作りが楽しめると思います。とは言ってもこれでは少々物足りなくなるので、次回はUVI Workstationを導入して本格的にいじれるようにしたいと思います。

【Ohm Studio Free】無料無期限のシンプルDTMソフトを使うには(UVI WS編)?!

ではでは、きらやん

スポンサードリンク

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)