Bloggerのブログをモバイルファーストにする3つの方策

Bloggerのブログをモバイルファーストにする3つの方策

WPブログは3年前からなのでモバイルファーストとは言えないですが、Bloggerのこのブログはモバイルファーストにしたいと考え、3つの方策を試みたので方法とともに紹介します。

広告

ブログをモバイルファーストにするのに今回取った方策は以下の3つです。

  1. toTopボタンの設置:上記画像の左上の右下にある黒丸に矢印のボタン
  2. ファーストビュー広告:レスポンシブ広告の活用でデスクトップとの親和性
  3. more置換広告:WordPressブログで最もクリック数が多い広告の位置

toTopボタンの設置

「トップに戻る」ボタンは特にモバイルにおいて有用です。記事を最後まで読んでくださった読者がトップに戻って広告をクリックして離脱してくださるのを便利にします。
WordPressの場合はプラグインをインストールすればワンタッチで設置できますが、Bloggerにはプラグインという仕組みが無いので、ガジェットにコードをコピーしてフッターに置きました。コードは以下です。

 

<script type=”text/javascript” src=”http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.3.2/jquery.min.js”></script>
<script type=”text/javascript” >
/***********************************************
* Scroll To Top Control script- (c) Dynamic Drive DHTML code library (www.dynamicdrive.com)
* Please keep this notice intact
* Visit Project Page at http://www.dynamicdrive.com for full source code
***********************************************/
var scrolltotop={
    //startline: Integer. Number of pixels from top of doc scrollbar is scrolled before showing control
    //scrollto: Keyword (Integer, or “Scroll_to_Element_ID”). How far to scroll document up when control is clicked on (0=top).
    setting: {startline:200, scrollto: 0, scrollduration:500, fadeduration:[500, 100]},
    controlHTML: ‘<img src=”http://i1155.photobucket.com/albums/p559/scrolltotop/arrow86.png” />’, //HTML for control, which is auto wrapped in DIV w/ ID=”topcontrol”
   controlattrs: {offsetx:30, offsety:2}, //offset of control relative to right/ bottom of window corner
    anchorkeyword: ‘#top’, //Enter href value of HTML anchors on the page that should also act as “Scroll Up” links
    state: {isvisible:false, shouldvisible:false},
    scrollup:function(){
        if (!this.cssfixedsupport) //if control is positioned using JavaScript
            this.$control.css({opacity:0}) //hide control immediately after clicking it
        var dest=isNaN(this.setting.scrollto)? this.setting.scrollto : parseInt(this.setting.scrollto)
        if (typeof dest==”string” && jQuery(‘#’+dest).length==1) //check element set by string exists
            dest=jQuery(‘#’+dest).offset().top
        else
            dest=0
        this.$body.animate({scrollTop: dest}, this.setting.scrollduration);
    },
    keepfixed:function(){
        var $window=jQuery(window)
        var controlx=$window.scrollLeft() + $window.width() – this.$control.width() – this.controlattrs.offsetx
        var controly=$window.scrollTop() + $window.height() – this.$control.height() – this.controlattrs.offsety
        this.$control.css({left:controlx+’px’, top:controly+’px’})
    },
    togglecontrol:function(){
        var scrolltop=jQuery(window).scrollTop()
        if (!this.cssfixedsupport)
            this.keepfixed()
        this.state.shouldvisible=(scrolltop>=this.setting.startline)? true : false
        if (this.state.shouldvisible && !this.state.isvisible){
            this.$control.stop().animate({opacity:1}, this.setting.fadeduration[0])
            this.state.isvisible=true
        }
        else if (this.state.shouldvisible==false && this.state.isvisible){
            this.$control.stop().animate({opacity:0}, this.setting.fadeduration[1])
            this.state.isvisible=false
        }
    },
    init:function(){
        jQuery(document).ready(function($){
            var mainobj=scrolltotop
            var iebrws=document.all
            mainobj.cssfixedsupport=!iebrws || iebrws && document.compatMode==”CSS1Compat” && window.XMLHttpRequest //not IE or IE7+ browsers in standards mode
            mainobj.$body=(window.opera)? (document.compatMode==”CSS1Compat”? $(‘html’) : $(‘body’)) : $(‘html,body’)
            mainobj.$control=$(‘<div id=”topcontrol”>’+mainobj.controlHTML+'</div>’)
                .css({position:mainobj.cssfixedsupport? ‘fixed’ : ‘absolute’, bottom:mainobj.controlattrs.offsety, right:mainobj.controlattrs.offsetx, opacity:0, cursor:’pointer’})
               .attr({title:’このページの先頭へ戻る’})
                .click(function(){mainobj.scrollup(); return false})
                .appendTo(‘body’)
            if (document.all && !window.XMLHttpRequest && mainobj.$control.text()!=”) //loose check for IE6 and below, plus whether control contains any text
                mainobj.$control.css({width:mainobj.$control.width()}) //IE6- seems to require an explicit width on a DIV containing text
            mainobj.togglecontrol()
            $(‘a[href=”‘ + mainobj.anchorkeyword +'”]’).click(function(){
                mainobj.scrollup()
                return false
            })
            $(window).bind(‘scroll resize’, function(e){
                mainobj.togglecontrol()
            })
        })
    }
}
scrolltotop.init()
</script>
この「Scroll To Top Control script」は最も有名なコードのひとつで実績があり、さらにボタンデザインを多くの中から選んで変えられたり、ボタンの位置を微調整できます。
ボタンデザインは以下のサイトのボタンデザインの中から選んでURL(右クリックで画像アドレスをコピー)を上記のコードの上の方にある似たようなURLにコピーして置き換えます。
その下にある以下のコードの30がX, 2がYのオフセットなので微調整します。
controlattrs: {offsetx:30, offsety:2}, //offset of control relative to right/ bottom of window corner

ファーストビュー広告

私のWordPressブログにはデスクトップもモバイルもファーストビューには広告を置いていません。理由は、個人的に美しくないと感じたからですが、最近ではブログの顔としてのファーストビューを広告が飾るという発想に変わってきました。
実際にはファーストビューに広告を置いた場合にどの程度の収益があるのかはわかりませんが、広告の収益は各ブログによって異なるので、何が良いかは個別のブログで確かめるしかないようです。
そこで、今回はモバイル用にメインカラムのトップ近くにレスポンシブを1つ、デスクトップ用にサイドカラムのトップ近くにレスポンシブを1つ設置しました。
レスポンシブなのでモバイルとデスクトップで大きさが変わりますが、今のところ好ましい大きさになっています。
こうしてモバイルのファーストビュー広告を優先して考えた結果であり、モバイルファーストと言えるのではないかと考えています。

more置換広告

WordPressのブログの広告は全て文中に3つ設置しています。トップのタイトルとアイキャッチ画像の直下に要約/抜粋文を書き、その下にmoraタグを挿入しています。これにより「続きを読む」の区切りとしています。
一方でmoreタグを広告の位置指定にも使います。今回使っているテーマ「Vaster2」は「moreタグ位置」と「記事直下」に広告を簡単に設置できるようになっているので、moreタグ位置の方にレスポンシブ広告のコードをコピーしました。
今回は「記事直下」には広告は入れませんでした。常識的には重要な広告位置ですが、私のWordPressブログの広告位置別の収益を比較すると、最も収益性が低いので敢えて取り止めました。
以下は広告別の収益(青)とクリック数(黄)の比較です。3つのブログなので傾向だけ参考にしてください。
一番上が「moreタグ位置」で「記事直下」は上から6番目になります。クリック数と収益はともに2倍近くも違っています。
もちろんこの傾向が今回のBloggerによるブログにも適用できるのかは不明ですが、最初にレイアウトを考える場合の目安にはなると思います。
モバイルではレスポンシブなのでサイドカラムのトップ広告が「記事直下」の少し下にレクタングルの大きさで表示されます。これである程度カバーはできます。
モバイルでは「記事直下」の広告を止めにした代わりにファーストビュー広告とmoreタグ広告の両立を実現しました。
デスクトップではファーストビューにインパクトがあるサイドカラムトップ広告を追加しています。モバイルのファーストビュー広告も同時に表示されるので、2つの広告を逆L字型に設置した形で、これは今までやったことがないチャレンジです。
これがどの程度の効果があるのかはかなり先にならないと分析できませんが、新しい試みとして期待しています。

まとめ

機能的にBloggerの方がWordPressより優れた点があるかと言うと、現時点ではあまりみあたりませんが、全体的にシンプルなので3日間とか短期間で使いこなせるまでになりました。
さらに、Bloggerは1つのアカウントで複数のブログを簡単に管理でき、非常に簡単にブログを増やせます。WordPressでブログを増やすにはインストールからやらなければならないので一から作る感じでけっこうたいへんです。
以下は、Blogger標準のテーマ「Notable」でブログを試しに作って上記について確認しました。制作時間は30分足らずでできたので驚異的に簡単でした。
結果的には「moreタグ置換」広告と「記事直下」広告の設置はうまくいきませんでした。moreの位置に「スポンサーリンク」の文字は表示されますが、広告は表示されないので、テーマと文中広告挿入コードの間での相性が悪いような気がします。
次回からは少しBloggerから離れて、音楽アプリ関連の話題を紹介しようかと考えています。
ではでは、きらやん
(Visited 6 times, 1 visits today)

関連コンテンツ

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)