Bloggerのレイアウトを決めるために必要な3つの作業

Bloggerのレイアウトを決めるために必要な3つの作業
 ブログのデザイン性は集客力に大きく影響しますが、BloggerはWordPressなどに比べると自由度が低いので、今回紹介する3つの作業を行えば比較的楽にレイアウトが決まります。
広告

ブログにAdsense広告を設置するのが前提の場合は、広告のレイアウトで収益が大きく変化するので特に重要です。

Bloggerの場合は標準で用意されているテンプレートでは十分な自由度が得られなかったので、外部テンプレートを導入しカスタマイズしました。3つの作業とは以下のようなものです。

  1. レスポンシブ対応の外部テンプレート(日本語対応)の導入
  2. 従来と同じ方法によるAdsense広告の導入
  3. 外部テンプレートをカスタマイズし最適な広告のレイアウトを実現

レスポンシブ対応の外部テンプレート(日本語対応)の導入

今回は「Vaster2」を導入しました。主な特徴は以下です。
  • シンプルなデザイン
  • 日本語対応のテンプレートデザイナー
  • 6種類のオリジナルSNSボタン
  • 関連記事を表示できる
  • アドセンスを記事中&下に設置できる
詳しくは以下の記事を参考にしてダウンロードし導入してください。
 
.xmlファイルなのでインストーラーなどは無いので、ダッシュボードメニューの「テーマ」の右上にある「バックアップ/復元」ボタンをクリックして以下の画面から導入(テーマのファイルを選択してアップロード)してください。
 

従来と同じ方法によるAdsense広告の導入

現時点では記事数は1つで、記事を初投稿してまだ1日しか経っていない状況ではAdsenseを申請しても通らないどころか、ボタンすら出ません。BloggerのAdsenseは従来のアカウントが使えませんでした。
通常なら1週間から1ヵ月かけて記事を蓄積してからBlogger用のAdsenseを申請しなおすところですが、ブログレイアウトを決める作業を優先させたいので、収益は後回しでも広告を表示させたいわけです。
そこで、従来と同じ方法で今回のブログサイトを今まで使っているAdsenseアカウントに登録し、レイアウトメニュー内の「HTML/JavaScript」ガジェットを使ってAdsenseのコードを貼り付けたところ、暫くして広告が表示されました。
広告は同一ページ内に3ヶ所までなので、レスポンシブを2つ、300×600を1つ作成し記事の上下とサイドバーのトップに設置しました。
記事の上部はレイアウトメニューのガジェットで配置し、記事の下部はテーマメニューの「HTMLの編集」ボタンをクリックして行いました。
300×600はレイアウトメニューのサイドバーのトップにガジェットで配置しました。
配置後30分から1時間で広告が表示されるようになります。

外部テンプレートをカスタマイズし最適な広告のレイアウトを実現

レイアウトメニューで不要なガジェットを削除します。Blogger標準のAdsenseガジェットは暫くは使えないので削除します。数週間後に記事が蓄積されたらBlogger標準のAdsenseアカウントを申請し、通ったら今回の仮の広告と差し替えます。

まとめ

Vaster2はレスポンシブテンプレートなので、モバイル側のレイアウトは切ります。デスクトップのサイドバーが記事の下に回り込み、そのままで3つの広告がモバイルでも表示されます。
Adsenseには「関連コンテンツ」という関連記事と広告が合体した機能が選べますが、現段階ではBlogger標準のネイティブ機能なので使えません。記事数が増えたらVaster2に付属の関連記事を使い、Blogger標準のAdsenseが使えるようになれば差し替えます。
今回のレイアウトなどに関しては以下のサイトのBlogger関連の記事を参考にしました。http://toumaswitch.com/category/blog-unei/blogger/
今回以外でも他にやっておきたい事があるので、少しづつ実施しようと思います。ではでは、きらやん
(Visited 4 times, 1 visits today)

関連コンテンツ

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)