【SampleTank FREE】iPhoneで使える無料音楽アプリの最高峰とは?!

【SampleTank FREE】iPhoneで使える無料音楽アプリの最高峰とは?!

SampleTank FREEが大幅バージョンアップしたので紹介します。私が今まで使ったことがある無料の音楽アプリの中では、おそらく最高の機能と品質を備えていると思います。チップヘルプの導入など、解りやすさも向上しましたが?

スポンサードリンク

なぜSampleTankなのか?

これまでに、SOUND CanvasやMobile Music Sequencerなどの有料アプリをiPod touchで使って、MIDIデータの演奏や曲作りを始めていました。サンプル音源が全盛の中で、敢えてMIDIを使って作曲をしてみたいと考えたのには理由があります。

例えば、Mobile Music Sequencerで作曲をする場合、楽器を選び、スタイル(パターン)を選び、コードを選べば完成します。スタイルにはイントロ、Aメロ、Bメロ、フィルイン、エンディングなどとそのバリエーションが用意されているので、各楽器やパートに合ったスタイルのパターンが適用されます。

コードはiOSデバイスのミュージックライブラリーの中のオーディオデータを解析して取り出せるので、その一部分をピックアップして繋げれば簡単にコード進行も作れます。

とは言っても、MIDIによる作曲はサンプル音源によるものよりハードルが高いです。そこで、サンプル音源の手軽さとMIDI音源の自由度の両方を兼ね備えた音楽アプリがSampleTankと言えます。仕組みはMIDI音源ですが、アプリの操作性はサンプル音源に近い使いやすさがあります。

8パートのMIDIレコーダー/プレーヤーが備わっているので、Mobile Music SequencerなどのMIDIシーケンサーが無くても単体で曲作りが行えます。もちろん、楽器やパターンの変更は独立して自由に行えます。さらにアプリ内課金で楽器(サウンド)やスタイル(パターン)を拡張することができます。

SampleTank FREEのインストールとデモ演奏

App Storeで「sampletank free」で検索します。
SampleTankダウンロードとインストールを行います。容量が1.6GBと無料アプリにしては大きいので時間がかかります。空き容量にも注意した方が良いと思います。特にiPod touchのストレージはミュージックライブラリーと共用なので、曲とアプリの拡張(サウンドなど)はバランスを取る必要があります。

開くとこんな感じです。
SampleTankチップヘルプが導入され、簡潔な日本語で説明がされていて解り易いです。左上の「?」ボタンをタップすると消えます。音楽アプリは英語表記やアイコンが多いので、日本語の説明は助かります。今回のように大幅なバージョンアップで画面デザインや使い勝手が変わった時にも重宝します。

左上の8つの四角ボタンをタップすると、8パートのMIDIプレーヤー(Live mode)画面になります。SampleTank

デモ演奏を聴く場合は、この状態で右上の三角のプレイボタンをタップします。曲を変える場合は、左上の「Multi 1」をタップします。
SampleTank「Multi 2」などに切り替えると、別のスタイルで演奏されます。曲を作る場合は、1つのパートで作業するので1つの楽器しか鳴らせませんが、Live modeでは最大8つの楽器による演奏が楽しめます。しかし、どうもFREE版は最大4パートまでが仕様のようで、8パートにはアプリ内課金で対応するようです。

バージョンアップ以前は有料版も最大4パートまでだったので、そういう意味ではFREE版のどこに制約があるのかよくわからないですね。バージョンアップ以前とかなり変化があったので、今の段階ではこれで十分な気がしています。

SampleTank FREEによる曲作りの方法とは?

スポンサードリンク

先ずはこのビデオをご覧ください。バージョンアップしたばかりなので、以前のバージョンのSampleTankによるデモですが、言葉で説明するよりビデオの方がわかりやすいと思います。
Grooves with SampleTank for iPhone / iPod touch – 3

タイトルの割にはiPadのような気がしますが、このアプリはiPadとiPhone/iPod touchでほとんど画面デザインは変わらないので、iPadのビデオでも観ると参考になります。

やはり少々古い記事になりますが、簡潔にSampleTank iOS版について説明がされているので、これと画面のチップヘルプがあればすぐに作曲ができそうです。以下です。
フレーズ機能でセッション!4パート高品質音源『SampleTank』

記事の写真とバージョンアップ後の新しいアプリの画面を見比べると、かなりデザインが違っていることに気が付かれるとは思いますが、やれることは同じなので、気にせずいじっていると解ると思います。

IK Multimedia SampleTank 3 SE サウンド&グルーヴ・ワークステーション【国内正規品】

まとめ

SampleTank単体では凝った曲作りはできませんが、サクッと作りたい場合は単体で内蔵のMIDIレコーダーに録音すれば良いと思います。そうすれば、MIDIだ、Audiobusだと騒がずに済みます。サンプル音源の音楽アプリ感覚で使えます。

もう少し本格的に作曲がしたくなれば、Mobile Music SequencerとSampleTankをVirtualMIDI(CoreMIDI)で繋いでやれば、MIDI音源の音楽アプリ感覚で自由度の高い使い方ができると思います。

以下は、SampleTankとLoopyをAudiobusで繋いでデジタル録音してSoundCloudにアップロードしたものです。

8つのパートに別々の楽器をアサインして、パターンは一番上のものをそのまま使いました。楽器を鳴らすのに鍵盤アイコンを「ENABLE」にする必要があります。タップするとポップアップメニューが表示されますが、反応が悪くなかなか出てきません。

FREEはそのままでは4つのパートしか使えず8つにするにはアプリ内課金が必要と書いてありましたが、何もせずに8つのパートで鳴らせました。Live modeでは大丈夫そうです。Song modeでの事かもしれません。

次回は、解り難いところをもう少し詳しく説明できればと考えています。

【iPod touch】音楽アプリ「ThumbJam」でバイオリンを楽々手弾き演奏とは?!

ではでは、きらやん

スポンサードリンク

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)