【低価格スマホ】圧倒的な性能で4G LTE+3G同時待受け可能Xiaomi「Mi 5」徹底レビュー?!

【低価格スマホ】圧倒的な性能で4G LTE+3G同時待受け可能Xiaomi「Mi 5」徹底レビュー?!

中国のスマホメーカーXiaomiが1年半ぶりにリリースしたハイエンドモデル「Mi 5」は、圧倒的な性能&価格で世界中で人気を博しています。中でも、4GBメモリ&128GBのUFS2.0ストレージの「Pro」モデルは入手困難なモデルとして知られていますが、今回徹底的に使い倒してその真価をチェックした記事を紹介します。

スポンサードリンク

GIGAZINEの記事から引用

躍進する中国のスマートフォンメーカーXiaomi(小米科技)が、1年半ぶりにリリースしたハイエンドモデル「Mi 5」は、圧倒的な性能&価格で、世界中で人気を博しています。中でも、4GBメモリ&128GBのUFS2.0ストレージを搭載する最上位モデル(通称「Pro」モデル)は、入荷することも希で入手困難なモデルとして知られています。そんなProモデルをようやく手に入れることができたので、徹底的に使い倒してその真価をチェックしました。

Mi 5 – Mi Global Home
http://www.mi.com/en/mi5/

◆開封&外観チェック
Xiaomi Mi 5は白色のパッケージ。Mi4シリーズまでの無印良品に似たパッケージから、Appleライクなパッケージに変更されています。

箱を開けるとMi 5が登場。

中身は、Mi 5本体、Type-CのUSBケーブル、ACアダプター、説明カードとSIMスロット用のピンとなっています。

さっそく保護フィルムを剥がします。

これがXiaomiのハイエンドモデルMi 5。ディスプレイサイズは5.15インチ(1920×1080)、SoCはSnapdragon 820、メモリはLPDDR4。標準モデルが3GBメモリで32GB/64GBの高速なUFS 2.0ストレージなのに対して、通称「Proモデル」の最上位モデルは4GBのメモリ&128GBのUFS 2.0ストレージという組み合わせ。そして、今回レビューするMi 5は最上位のProモデルです。

背面にはステッカーが貼られていますが、透明フィルムを剥がせばなくなります。

5インチオーバーのスマートフォンと思って手に取ると、見た目以上に薄さ・軽さが際立ちます。サイズは縦144.55×横69.2×厚さ7.25mmで、重さは129g。画面サイズの小さなiPhone 6sよりも軽く仕上がってます。

表面の上部には400万画素のフロントカメラ。サイドベゼルの極めて狭いデザインを採用しています。

下部には物理ボタンになったホームボタン。指紋認証機能を内蔵しています。

左サイドにはSIMカードスロット。

ナノSIMカードサイズのデュアルスロットで、4G/3Gのデュアル待ち受けに対応しています。

右サイドには、電源ボタンとボリュームボタン。

天面にはイヤホンジャック。

リアカメラはソニーセンサー「IMX298」採用で1600万画素。4軸手ブレ補正機能を搭載しています。

底面のUSBポートはType-Cです。

◆デザインを比較してみた
背面のエッジがカーブしたデザインは、えも言えぬ美しさとフィット感という機能性を両立しています。

・Xiaomi Mi 4との比較
前モデルの「Mi 4」(右)と比較してみます。まずは、指紋認証機能付きの物理ホームボタンが搭載されたことが大きな違い。

左がMi 5で右がMi 4。角のRが緩やかになった、より丸みを帯びたデザインに変更されています。

Mi 5が7.2mmでMi 4が8.9mmなので、薄さの違いは歴然。

よく見ると、フロントカメラの配置も変更されています。

リアカメラもiPhoneライクな位置・形に変更。ただし、レンズは飛び出していません。

同じホワイトモデルですが、Mi 5(左)が黄色みを帯びた色なのに対して、Mi 4(右)は青みがかった白色です。

・GalaxyやiPhoneとの比較
なお、Mi 5のブラックモデルは指紋認証付きのホームボタンのメッキのコントラスが強めで、ホワイトモデルとはまた別のクールなカラーになっています。しかし、ブラックモデルを見たときに、どこからともなく沸き上がる既視感。

Samsungの「Galaxy S6 edge」(右)を隣に置いてみました。

ホームボタンはそっくり。

というか、Galaxy S6 edgeの表裏を反対にしたデザインなのではないか疑惑が……

ちなみにGalaxy S7 edge(右下)ではホームボタンの縁はブラックメッキになっているので、Mi 5はやはりGalaxy S6 edgeのインスパイヤという印象を受けます。

こうなると壁紙まで既視感を覚えてくるから不思議。

ちなみに前モデルのMi 4がiPhone 5/5s/SEに似ているのはいわずもがなです。

スポンサードリンク

◆使ってみた
・スペック
まずは、「CPU-Z」でスペックチェックから。SoCはSnapdragon 820(2.15GHz・4コア)

Proモデルなので4GBメモリと128GBストレージ。Mi 5はmicroSDカードが使えないので、ストレージサイズは重要になりそうです。

OSはAndroid 6.0 MarshmallowベースのMIUI 7。

バッテリー容量は3000mAhです。

・アプリ
グローバル版のMi 5には、Google Playがプリインストールされています。ということで、使い勝手は通常のAndroid端末と違いはありません。

Google関連アプリも当然インストール可能。

あいさつ代わりに「AnTutu」でベンチマークを測定するとスコアは13万点オーバー。

ハイエンドモデルらしい高性能ぶりです。

このクラスのAndroidスマートフォンでは、使っていてひっかかりを覚えることはほとんどなく、ブラウジングなどもすこぶる快適。

普段使いで「重さ」を感じることができないため、パワーが求められることで有名なゲーム「アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ(デレステ)」をプレイしてみました。

Mi 5でデレステをプレイする様子は以下のムービーで確認できます。

Xiaomi Mi 5でアイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージをプレイしてみた – YouTube

プレイは快適。巷にはハイエンドモデルとは名ばかりで、デレステがまともに動かない端末がある中で、Mi 5はゲーミング性能も十分のようです。

・カメラ
Mi 5は4軸手ブレ補正付きのリアカメラを搭載しています。標準のカメラアプリには……

多数のフィルターが用意されています。

画面を左から右にスワイプすると、アイコンで各種設定変更に素早くアクセス可能です。

写真を撮影してみました。屋外での撮影だとこんな感じ。1600万画素のリアカメラは画質も十分です。

暗い場所や……

近接撮影でも不満なしの画質でした。

・充電速度
Mi 5のType-C・USBポートは急速充電機能Quick Charge3.0に対応しています。付属の充電アダプターでバッテリー残量7%から30分充電すると、半分ほどまで回復。

さらに30分で92%に。約1時間でフル充電できるので、快適です。

設定から、電池残量を画面上端に緑色の細いバーで表示させることも可能。小さな数字やバッテリーアイコンを確認しなくてもバッテリ残量が一発で分かるので、何気に便利でした。

・4G/3Gデュアル待ち受け
Mi 5は当然ながらのSIMフリー端末ですが、4G/3Gのデュアルスタンバイ対応という大きな特長を持っています。SIMスロット1にドコモのSIMを、SIMスロット2にSoftBankのSIMを挿入したところ、ドコモ・SoftBank両方の電話番号で着信できました。なお、ネット回線も切り替え可能。通話のために2台持ちしている人や、キャリア回線と格安SIMを併用している人には、2枚のSIMカードでデュアルスタンバイ可能なMi 5はとてつもなく便利と言えそうです。

・ディスプレイ
Mi 5(左)とiPhone 6s(右)のディスプレイを比較してみました。画像はいずれの端末も輝度最大の状態ですが、ぱっと見た印象でもMi 5の方が鮮やかです。

Mi 5のディスプレイは輝度・彩度ともにiPhone 6sよりも上だと感じました。

◆まとめ
Xiaomiのフラッグシップモデル「Mi 5」は、現行のスマートフォンの最上位のスペックで、使い勝手に関して問題と感じるところはほとんどなく、快適そのものでした。5インチオーバーのディスプレイなのに129gと軽く、指紋認証の精度も抜群で、バッテリーの持ちもまったく不満のないレベル。

4GBメモリ搭載なので、多数のアプリを立ち上げておいても問題なし。左下のボタンから1発でアプリを終了してメモリを解放できるのも便利です。性能・質感ともに抜群のXiaomi Mi 5は、欠点らしい欠点の見つからない端末でした。

Xiaomi Mi 5は、日本への発送に対応しているGearBestで販売中。記事作成時点では、32Gモデルが3万7048円、64GBモデルが4万4920円、128GBモデルが5万2333円でした。ただし、128GBのProモデルは入荷が不安定な上に秒殺で完売になるので欲しい場合は、我慢強く待つ必要がありそうです。

XiaoMi Mi5 32GB 4G Smartphone-329.89 and Free Shipping| GearBest.com
http://www.gearbest.com/cell-phones/pp_294071.html

世界初4G LTE+3G同時待ち受け★Xiaomi Mi 5 Standard Editon Global Version 日本仕様★Snapdragon 820・1.8GHz 4G LTE対応 SIM free 2 Slot ハイエンド スマホ・1600万画素 SONYカメラ・5.15インチFHD IPS液晶・RAM 3GB ROM 32GB●DSDA・Fingerprint ID・NFC・VoLTE・Dual Wi-Fi・E-Compass・Type-C USB端子 (White)

Amazon: 詳しくはこちら>>>

まとめ

パソコンでこれだけのデバイスを揃えようとすると、いったいいくらかかるのか想像もできませんが、ストレージを除くとちょっと前のパソコンクラスの性能が5万円以下で手に入るので驚きです。ストレージも最近では無料のクラウドストレージが使えるようになったので、あまり気にならなくなりました。

「そんなにスマホに高性能は必要ないんじゃないの?」と思った時期もありました。しかし、ちょっとした都合で昔のスマホを引っ張り出して使うことになった時に、あまりの遅さにビックリしてしまいました。こんなに遅い機種を2年間も使っていたのかと思うと今のスマホからは戻れないと確信しました。

やはりスマホの性能向上に合わせて、世の中のサービスも進歩しているのですが、そのためには高性能なスマホの処理能力に頼っている部分も少なからずあるということだと思います。

2年縛りの分割払いに頼るか、Amazonでも買える低価格スマホを一括で買うか悩ましいところですが、トータルで考えると、そろそろ一括で買う方が合理的な時代に突入しているように思えてきました。

【低価格スマホ】2万円で買えるDual SIMフリーXiaomi「Redmi Note 3 pro」レビュー?!

ではでは、きらやん

スポンサードリンク

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)