【CANVA】iPhoneでInstagram用写真を簡単に加工してみたけど?!

【CANVA】iPhoneでInstagram用写真を簡単に加工してみたけど?!

CanvaはiOS専用ですが、前回のBeFunkyに比べると写真ライブラリーが使え、有料だけど$1/枚とリーズナブルなので、試しに使った結果を紹介します。結論的には、有料写真の清算のところでエラーとなり作品のダウンロードができず?

Canvaアプリのダウンロードとインストール

App Storeで「canva」で検索します。

Canva

アプリ自体は無料なので、ダウンロードとインストールを行い開きます。

Canva

私は「Log in」をタップして、Google+(Gmailアドレス)でログインしました。FacebookでもOK。

インスタグラムに投稿する画像を作成

最初にわかりやすいチュートリアルが表示されるので、基本的な使い方はそれを見ればわかるようになっています。

Canva

トップのツールバーではすでにInstagramが選択されているので、そのまま下に表示されているテンプレートの中から作品に使うものを選びます。

Canva

4つのフルーツの写真を、女性モデルの写真に置き換えます。検索窓に「Female model」と入力し写真の検索をします。

Canva

同様にして他の3つのフルーツを女性モデルに差し替えます。

Canva

テキストをダブルタップして、文言を変えて文字設定をします。

Canva

インスタグラムに投稿

右上の「シェア」ボタンをタップします。

Canva

広告

有料の写真を4枚使っているので支払いの画面になります。どうも5の倍数のクレジットの単位で支払うようです。「Buy 5 credits(¥720 JPY)」ボタンをタップします。

Canva

Apple IDのパスワードを入力して「購入する」ボタンをタップします。

Canva

「OK」をタップします。ここまでは正常に進められたように見えましたが・・・

Canva

アプリ内課金でエラーが出てしまい、作品のダウンロードができませんでした。

試しにApp Storeから有料(480円)アプリを購入してみましたが、正常に購入ができ、ダウンロードとインストールができました。課金の決済自体には問題は無さそうですが・・・

Canva

この画面に戻るので、次はグレーの「Download watermarked draft」をタップします。カメラロールを指定してダウンロードします。

Canva

カメラロールに保存された画像は以下です。解像度はインスタグラムで標準的な1080x1080pxになっています。

Canvas

ウォーターマークがしっかりと入っているのでこのままでは使えませんが、無料の写真だけだと以下のようにウォーターマークは入らないので使えます。

Canvas

Adobe Creative Cloud フォトプラン(Photoshop+Lightroom) 2017年版 |12か月版|オンラインコード版

まとめ

アプリ内課金のエラーが解消するまでは、BeFunkyでも使った外部の無料写真サイトで写真をダウンロードしてカメラロールに保存しておいて、それをCanvaに読み込んで使うことになりそうです。そうするとCanvaを使うメリットである簡単さが感じられないので、他のアプリを使いながらCanvaを見直すことになります。

BeFunkyを使うのが良さそうですが、今回試しに480円で購入した「Enlight」というアプリを使ってみて、有料アプリがどんな感じなのかを次回に紹介しようかと思います。
Enlight

【BeFunky】初めてのコラージュ画像の制作とデスクトップからコメント?!

ではでは、きらやん

(Visited 91 times, 1 visits today)

関連コンテンツ

ブログランキング

にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへにほんブログ村 音楽ブログ K-POP(女性ミュージシャン・グループ応援)へにほんブログ村 デザインブログ 3DCGへ


URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)