【TWICE】「#TWICE:SIGNAL」日本語版をApple MusicとSpotifyで聴いてみると?!

【TWICE】「#TWICE:SIGNAL」日本語版をApple MusicとSpotifyで聴いてみると?!

TWICEの日本向けベストアルバム「#TWICE」の発売日は6月28日でもう少し先ですが、Apple MusicとSpotifyで先行リリースの「SIGNAL」日本語バージョンが聴けるようになったので紹介します。なぜかビットレートが低いApple Musicの方が音が良い?

広告

Apple Musicの場合

無料ではプレビューしか聴けませんが・・・

「SIGNAL」をクリック/タップして聴いてみると、プレビューでも「音質」ではなく聴感上の「音の違い」がわかると思います。Apple Musicはダイナミックレンジが広く、TWICE独特の透明感のあるボーカルと音数の少ないバッキングが相まった新しいヒップホップ感が見事に表現されているように感じます。

#TWICE

右下を見ると「ワーナー・ミュージック・ジャパン」になっているので、私としては個人的に「あれ?」と思いました。世界的にはワーナー所属のビッグ・アーティストは多くいますし、日本のアーティストも若い人を含めてけっこう居ますが、K-POPでは思いつきません。少女時代もKARAもユニバーサルですし、通常は日本上陸の際はユニバーサルと決まっているような感覚でいました。

世界的にメジャーデビューするには3大レーベル(ユニバーサル、ソニー、ワーナー)のどれかに限られるので、K-POPはグローバルな戦略を取る以上は日本の3大レーベルの日本法人から先ずはメジャーデビューするのが効率的です。

TWICE

「SIGNAL」までは「JYP Entertainment」をレーベルとして使っているので、世界的にはインディーズの状態と言えます。

メジャーデビューの方がアーティストにとってはメリットが大きいように感じますが、インディーズの方がアーティストに配分される印税はメジャーの数倍もあり、つまりピンハネが少ないのですが、さらに活動の自由度も高いので、一概に「メジャーデビューが良い」というのはアーティスト側にとっては?な気がします。

Spotifyの場合

以下を聴くにはSpotifyをインストールする必要があります。デスクトップは右上をクリック。モバイルは通常の方法でアプリをインストールしてください。無料で聴けますが、モバイルではシャッフルのみとなります。今回は1曲なので関係ないですが・・・

広告

Spotifyのプレミアムで聴くとApple Musicより無難というか、世界共通なのかもしれないのですが、音のバランスは良いのですがダイナミックレンジやアーティスト独特の雰囲気がApple Musicと比べるとイマイチな感じを受けます。Spotifyフリーは音質的にどうこうというより「世界中から海賊版の違法ダウンロードを撲滅する」という社会的使命を感じます。

事実、世界中の国々からSpotifyの導入によって違法ダウンロード、特に若年層で激減したという報告がされています。
【Spotify】世界中から違法ダウンロードを追放とは?!

TWICE

Spotifyでのレーベルは「JYP Entertainment」のままなので、おそらく「#TWICE」もそうなると思いますが、こちらがインディーズ扱いになるとTWICEメンバーへのアーティスト印税はひょっとするとメジャー扱いのApple Musicより多くなるのかもしれません。これはメンバーがどうこう言える話ではありませんが、世の中の構造が変わると何がどう関係してくるのか不透明になってくるという・・・

まとめ

今回書いた内容にも、配信のビットレートがApple Musicは低いにもかかわらず聴感的な音は良いとか、インディーズの方がアーティストへの印税配分は高いとか、一見矛盾しているようなことが実際に起こっていて、世の中の仕組みを理解するだけでなく、実際にどうなのか?という「現場感覚」も今まで以上に重要になってきているような気がします。

「現場感覚」は先ず「自分を信じる」ことから出発します。それはそれまでにその人がどう生きてきたか?という根源的な話にもなるので言葉で表現するのは無理がありますが、少なくとも言えるのは「現場を多く体験する」ことが増々必要になってきているように感じます。

コンサートやライブに行ってアーティストを感じるとか、相手に直接会って視線を合わせて話を聞くとか、現地に行ってそこの空気を吸うとか、目に見えない何かを感じる五感や第六感を信じて行動することが重要になってきていると思います。

理屈や人からの話ではなかなか理解できない「TWICE現象」ですが、若い人たちは理屈ではなく肌で何かを感じ、それを信じて行動しているのは確かであり、そういう空気を共有し共感できるようになれれば幸せかな?と思います。

ではでは、きらやん

 

 

(Visited 50 times, 4 visits today)

関連コンテンツ

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)