激安!簡単パソコン?Android TV BOX がAmazonで6,000円台で!?

Android TV アプリ

北海道地震に札幌市で被災後、20%の節電協力依頼にもとづき、家電や照明の節電と同時に、長時間使うパソコンも従来のMac miniからAndroid TV端末に変えることで、85Wから10Wに8分の1以下にすることが出来たので紹介します。

広告

Chromebitより使いやすくサポートも得られる

Chromebit向きのユーザー

パソコン操作に慣れた人には、WindowsやMacの操作性に近いChromebitがオススメです。以下の記事で紹介しているので参考にしてください。

個人で節電?パソコンをGoogle Chromebitに変えて12Wに?! >>>

Chromebitのデメリット

ただし、Chromebitは現状では、メーカーや代理店の保証やサポートが得られる「国内正規品」の新品の販売がAmazonではされていなく、「並行輸入品」は販売がされていて安価ですが、メーカーや代理店のサポートが得られません。

Android TV BOX

なので、メーカーや代理店からサポートが受けられ、Chromebitよりさらに安価で低消費電力で節電対策にもなる「Android TV BOX」を紹介します。

以下の記事では、今年の1月に購入した製品を紹介しています。

LovicoolのAndroid TV BOXでWindowsを無料で使う方法は?動画で紹介! >>>

 

しかし、上記の記事で紹介した製品は、現在ではAnazonでは販売されていないので、同等品で課題だったBluetoothにも対応した「Amazon’s Choice」製品を以下に紹介します。

JYDMIX Android TV BOX C95S Google スマート TV チューナー Android 6.0 日本語対応 2GB RAM 16GB ROM 64Bits 3D 4K対応 HD Wi-Fi Bluetooth 写真・動画プレーヤー TFカード/USBメモリの画像をテレビで再生  古いテレビでもスマートに進化させる 2年品質保証 >>> Amazonサイトへ

Android TV

使い方は、ほとんど上記で紹介した記事と同じなので参考にしてください。

この製品はスマートフォンやタブレットに採用されているモバイルOSの「Android 6.0」を採用しています。

パソコンとはやや異なった操作性ですが、スマホに慣れている人にはむしろ使い勝手が良いと思います。

キーボードとマウスが必要

オススメはUSBドングル方式のワイヤレスキーボードとマウスのセット製品です。

この製品はBluetoothを使わずペアリング等の必要なしに、USBドングルを本体のUSB端子に挿すだけワイヤレス・キーボードとマウスが使えるようになるので便利です。

ただし、Bluetoothにも対応しているので、手持ちのBluetoothのキーボードやマウスがあればそちらを使えます。もちろん、USBタイプのキーボードやマウスでもOKです。

節電や停電時の場合のメリット

パソコンと異なり、モバイルOSを採用しているので、使っている最中に突然停電した時も、デスクトップ・パソコンのように慌てることがありません。

通常の使い方でも、リモコンの電源ボタンで電源を切って(スタンバイ状態にして)から、ACアダプターを挿しているスイッチ付きのテーブルタップスイッチをオフにして電源を切っています。

リモコンの電源ボタンで電源を切らずに、いきなりテーブルタップのスイッチを切っても、特に問題なく電源を入れれば作業が1分で再開出来ます。

このあたりは、一般的なWindowsやMacのデスクトップ・パソコンより安全・安心です。

もっとも、停電中は使えないので、停電中でもパソコンを使いたい場合はノート・パソコンに限ると思います。USB端子からスマホやWiFiルーターなどに充電も出来るので便利です。

Android TV BOXの消費電力は10Wなので、従来使っていたMac miniが85Wだったのに対し、8分の1以下と節電に効果的です。

まとめ

節電対策だけでなく、ローコストの使い勝手の良い簡易型デスクトップ・パソコンとしての用途でも、安心して使えるのでオススメです。

ではでは、きらやん

(Visited 277 times, 1 visits today)