【もしもアフィリエイト】Amazonへの提携申請が3時間で承認された?!

著作権

このブログは以前は芸能系記事とマニアック系記事が混在していましたが、その状態でAmazonへの提携申請をしても却下されていました。そこで芸能系記事を全て他のブログに移して提携申請したところ3時間で承認されたので紹介します。

Adsenseから「もしもアフィリエイト」へ移行?

ここ数ヶ月でAdsenseの収益が急激に落ち込んでいて、物販アフィリエイトへの移行を検討していました。

そこで「もしもアフィリエイト」と「カエレバ」を使った物販アフィリエイトをBloggerでトライアル的に始めたところうまく行きそうな感触を得たので、このブログの改造に着手しました。

カエレバ

芸能系記事はAmazonに通らない?

先ず、芸能系記事を他のブログに移しました。なぜかと言うと、このブログでAmazonに提携申請しても却下されていたので、芸能系記事が混在していることが原因だとの仮説を立てて、Bloggerのブログに一部のマニアック系記事だけを移して提携申請したところ1日で承認されました。

次に、このブログの芸能系記事を全て他のブログに移して提携申請したところ3時間で承認されました。このことからも、芸能系記事がAmazonへの提携申請で却下される原因だったことは明らかです。

おそらく著作権についてAmazonは厳しいのだと思います。例えばYouTubeの公式ミュージックビデオは共有でブログに埋め込んでもかまわないという暗黙の了解がありますが、著作権的にはやはりレーベルやレコード会社が許可する必要があります。

芸能人に著作権がある写真や動画をいっさい掲載せずに芸能系記事を書くことや、著作権者に許可を得て掲載すれば問題は無いわけですが、個人のブロガーがそれを行うのは非常にハードルが高いと思います。

芸能系記事

つまり、物販ブログで芸能系記事を扱うのは、少なくともAmazonとの提携に関してはきわめて困難だと考えた方が良いように思います。

芸能系記事が混在するブログはAdsense?

芸能系記事を他のブログに移した段階でAdsenseの収益に変化があるのかを確認したところ、大きな変化があることがわかりました。

つまり、クリック単価が劇的に上昇しました。芸能系記事が混在していた当時はクリック単価が数円から十数円のレベルにまで落ち込んでいましたが、芸能系記事を他に全て移し終わってからはクリック単価が50円とかはザラで、中には100円を超えるものも出てきました。

これは私にとっては嬉しい誤算でした。Adsenseから物販ブログに移行するために行った芸能系記事の排除がAdsenseの収益を改善することに繋がったわけです。

考えてみると、Adsenseを運営しているGoogleもAmazonと同様に著作権に厳しいのかもしれません。あるいは、ここ数ヶ月のAdsenseの収益の落ち込みは著作権に関係していたと考えると納得がいくようにも思えます。

ということは、芸能系記事が混在するブログをAdsenseで運営することにおいても、著作権に関して十分に考慮した記事を書くことが収益を改善することに繋がるように感じています。

Adsense

このブログ以外の2つのブログは芸能系ブログで、すでに記事数は1,000を超えているのでそれを今から著作権に配慮した記事に全てを書き換えるのは現実的には無理な気がしますが、バッサリ荒療治を行う必要性は強く感じています。

まとめ

WordPressの記事を別のブログに移す方法に関しては以下の記事を参考にしてください。特に「301リダイレクト」を行うことは重要です。

【WordPress】Bloggerをサブとして併用することのメリットとは?!

今回の結果で得たメッセージは「記事数を盲目的に増やすのではなく、不適切な記事は思い切って排除することも重要」だということです。

特に著作権の扱いについては今後益々重要視されてくると思いますので、適切な対応が全てのブロガーに求められていると思います。

ではでは、きらやん

(Visited 37 times, 1 visits today)

関連コンテンツ

シェアする

フォローする