【ハンドメイド絵本棚】子供用を母の誕生日にプレゼントしたら?!

絵本棚

85歳の母の誕生日に子供用のハンドメイド絵本棚をプレゼントしたところ喜ばれたので紹介します。Amazonで探して購入しましたが、リーズナブルな価格の割に手作り感満載で、お年寄りには子供用が合っているという実感がありますが?

Amazonのページ

Amazonの販売ページは以下です。

Make Woood! (メイクウッド) 斬新なデザインの絵本棚 キッズブックシェルフ 【完成品】 ハンドメイド 木の香りと温かみのある雰囲気 ナチュラル 素材 ハイワイド 60cm スロープのカット を一新 おしゃれな デザイン ザウルスタイプ (ICO-BKSF/W60Z)

絵本棚

この写真だと子供用にしてはかなり大きく見えますが、実際に母が自分のものを整理した写真が以下です。

絵本棚

右上のPerfume「LEVEL3」のオーディオレコードは私が入れましたが、通常は大判の雑誌などを入れているようです。このように生活に溶け込むと、さほど大きくは見えなくて、ちょうどよいサイズだと思います。

この絵本棚は幅が選べて、54/56/60/64cmとかなり細かく指定できます。私の場合は56cmを選びましたが、置く場所の寸法や本のサイズに合わせれば良いと思います。幅が広いので、入れるものの横幅がバラバラでもそれなりに収納できます。

母のニーズ

なぜ高齢の母に子供用の絵本棚をプレゼントしたのか?ですが、母が居間の入り口近くに設置している横長の黒いラックが整理できないと嘆いていたのを聞いたからです。かなり大型のラックで、父が生きていた頃はこの上にオーディオセットが置いてあったくらいです。

つまり、容量は十分にあるのですが、それがあだになって整理できないというわけです。そこで私としては、丈夫なマガジンラックのようなものを考えました。Amazonで探しましたが、どうもそれにピッタリなものが見つかりませんでした。

ところが、ふとした事から子供用の絵本棚を見つけました。しかし、一言で絵本棚と言っても大きさや価格のバリエーションが広く、予算を決めた方が良さそうだったので、1万円以下でできればハンドメイドという条件で探しました。

行き着いた先が上記のページです。このメーカーだけでもかなりのバリエーションがあるので決めるまではかなり迷いましたが、通販のリスクは元々あるので、そこは割り切って注文しました。

母の満足度

設置は私がしましたが、その後はいっさいタッチしていません。母は率先して整理するようになりました。何が気に入ったのか聞いてみると、好きなDVDやアルバムなどを入れるだけで見栄えが良くなるからだそうです。さらに、遊びに来た友人たちが口々に「几帳面そう」とか「いいねえ」とか、何らかの肯定的なコメントを言ってくれるみたいです。

私から見るとそれほどキチンと整理されている感じは受けないのですが、お年寄りの感覚だとそういうものかもしれません。おそらく、DVDや本などの表面が見えるように置くというスタイルが、今までに無い整理の仕方なのかもしれません。

子供用がお年寄りに向いている理由

気持ち的にお年寄りが子供に帰るというのはよく聞く話ですが、実は子供用のハンドメイド製品は安全・安心に大人用以上に配慮が行き届いています。例えば、全ての鋭角な角がヤスリがけして丸くなっています。

使われている金属のビスは全て穴の中に頭が埋め込まれ、さらに全てのその穴に穴の径と同じ木の棒が埋め込まれていて金属のビスはまったく見えません。ここまでしてあれば安心して使えるわけです。

絵本棚

母の絵本棚

お年寄りが読む本は大型のものが多いです。老眼で小さな字が見えにくいからというのもありますが、大きい方が扱いやすいからかもしれません。スマホとかは使わないので、DVDを大型テレビで観ます。アルバムもよく見ています。

子供用の絵本棚はそういったお年寄りのニーズにかなった製品のように感じます。

子供用というのであれば、床に座った状態で見やすく手に取りやすい以下のような製品が良いかもしれないですが・・・

Make Woood シンプルな絵本ラック キッズブックシェルフディスプレイ【完成品】ハンドメイド 木の香りと温かみのある雰囲気 ナチュラル 素材 子ども目線で取り出しやすい ロータイプ たくさん置ける ロングタイプ 91cm (ICO-BKSF/W91L)

Amazon: 詳しくはこちら>>>

まとめ

母へのプレゼントは、少し前までは「母の日」に贈っていました。私が関東に住んでいて広島の母と距離が離れていた頃は、「日比谷花壇」に通販の花のギフトセットを選んで注文し、当日か前日に届くようにしていました。

そのうちに生の花は枯れるから嫌だと言い出したので、薬品で加工した枯れない花にしたり、花ではない物にしたりと変遷し、とうとう商品券になってしまいました。どうも「母の日」の贈り物とは言えない気がして、広島に帰ってきてからは贈り物はしなくなりました。

今回は、特に「母の日」は意識せず、気が付いたら実用的なものを贈ろうかと考えました。子供用の絵本棚は、花より団子で、贈った側もけっこう満足できて良かったです。

ではでは、きらやん

(Visited 181 times, 1 visits today)

関連コンテンツ

シェアする

フォローする