【折畳式電動アシスト自転車】YouTubeに観るパナソニック「オフタイム」

パナソニック オフタイム

「フィアット500アシスト」が切り開いた折畳式電動アシスト自転車ですが、現在では多くの国産メーカーから同じタイプの自転車が発売されさすがのフィアットもこの市場から撤退しました。意外にも国産の大手メーカーではパナソニック「オフタイム」のみですが?

品質の「オフタイム」vs 低価格の「SUISUI」

2013年と少々古い映像ですが、このジャンルの概要がわかります。
折りたたみ電動アシスト自転車、比較  クッチョロ

価格が2倍以上違いますが、大手のパナソニック「オフタイム」を選ぶのもアリかと思います。
Amazon: 詳しくはこちら>>>

Amazon: SUISUIはこちら>>>

走りを比較。折畳でない機種とも

走りを比べるとこちら。折畳式でないヤマハとパナソニックの機種も同時に比較しています。
電動アシスト自転車、折りたたみモデル、スイスイ、 オフタイムの走行テスト!

電動アシスト自転車としての実力はやはり価格相応のように感じますが、低価格のSUISUIも選択肢にあげられるのはありがたいと思います。

フィアット500アシストはどうだったのか?

すでにフィアットとしてはこの市場から撤退を決め製造中止の「フィアット500アシスト」ですが、電動アシストでない機種はまだ販売中です。以下のYS-11ハイブリッドはフィアット500アシストの直接的ライバルでしたが大手メーカーではないです。どちらも軽量コンパクトが売りでした。
折りたたみ電動自転車を比較

Amazon: フィアット電動アシスト無しはこちら>>>

YS-11ハイブリッドはこちら>>>

まとめ

ハイテク分野は日本のお家芸のようなものなので、フィアット500アシストを早々に日本市場から撤退させた判断は適切だったと思います。その結果として電動アシスト無しの分野で商売できているし、YS-11ハイブリッドが商売しやすくなって生き残れているのではないかと思います。

パナソニックがYouTubeに一連の電動アシスト自転車のPRムービーを出しているので一部を紹介します。
興奮しすぎて63歳の話が止まらない

私も62歳なので他人ごとではないですが、こういうのもユニバーサルデザインではないかと感じます。

一人より軽い!?娘を乗せて走ったママのコメントに注目!

私は子供を前に乗せている映像を初めて観て感動モノでした。電動アシストとは別のことなのですが・・・

最後に「日本らしさ」(Japanish?)が感じられるPRビデオです。
JAPAN CYCLE SPIRITS

商売とは、感動を与えることである。」by 松下幸之助

ではでは、きらやん

(Visited 104 times, 1 visits today)

関連コンテンツ

シェアする

フォローする