GrooveboxのプロジェクトをAbleton Liveにエクスポート?!

Ableton Live DTM

前回までの記事で、Groovebox 無料iPhoneアプリによる曲作りを紹介しましたが、今回はそのプロジェクトをAbleton Liveにエクスポートする方法を紹介します。

広告

概要

無料iPhoneアプリ「Groovebox」による曲作りは以下の記事を参考にしてください。

Groovebox関連の記事リストはこちら>>>

今回は、Grooveboxで作った曲のプロジェクトを、パソコンの音楽ソフト「Ableton Live」にエクスポート(ファイル出力)します。

これにより、Ableton Liveでさらに高度な編集が出来るようになり、DAWを手軽に使えるようになります。

今回は、MIDIキーボードなどにバンドルされる「Ableton Live Lite」を使いました。8トラックに制限されますが、Grooveboxも8トラックなので十分です。

Groovebox側の操作方法

Grooveboxを使って、7トラックで曲を作ります。Ableton Live Liteが8トラックなので、1トラックをオーディオ録音用に確保するためです。

Groovebox

これを「AudioShare」アプリで、各楽器をスワイプしてミュートしたり解除したりしてパフォーマンスを一発録りします。

AudioShare

右下のシェアをタップして、私の場合は「AirDrop」でMacに転送しました。Windowsの場合はGoogleDriveやDropboxなどを使います。

オンラインコンバーター、例えばコチラや、コチラなどでMP3に変換した今回の曲は以下で聴けます。

 

Ableton Live用のプロジェクトにエクスポートするには、Grooveboxの右上のスリードットをタップします。

Export

一番下の「Export」をタップ。

Export

一番下の「Ableton Live」をタップ。

Export

「WAV」にして「Export」をタップ。

Export

Ableton Live用に変換されます。MIDIはオーディオに変換。

Export

私はMacなのでAirDropをタップしましたが、WindowsはGoogleDriveやDropboxなどにします。

AirDrop

Ableton Liveの操作方法

Macに送られた.zipファイルをダブルクリックして解凍します。

Ableton Liveプロジェクト

.alsファイルをダブルクリック。

Ableton Live

Ableton Liveに読み込まれます。不要なペインを閉じてトラックを広く表示します。

Ableton Live

各オーディオクリップをセクションに分けます。

Ableton Live

作成メニュー > オーディオトラックを挿入

Ableton Live

オーディオトラックの下にある録音ボタンをクリックして赤くします。

トラック1の「MiniMon」の音量を下げておきます。セクション1を仮に鳴らしてトップのストップボタンを2回クリックしてスタンバイ

Ableton Live

オーディオトラックの「Audio From」は「Master」、「Audio To」は「Ext. Out」にし「Monitor」は「Auto」にしておきます。

パンも適当に左右に振っておきます。

トップの録音ボタンをクリックして録音開始。セクションの右にある三角ボタンを順にクリックしながらパフォーマンスをします。終わったらストップをクリック。

Ableton Live

オーディオトラックの三角をクリックしてアクティブにし、ソロ(S)ボタンをクリックして他のトラックをミュートします。

「Audio To」を「Master」にして、プレイボタンをクリックして録音を確認します。

ファイルメニュー > オーディオをエクスポート…

Ableton Live

Ableton Live

「エクスポート」をクリック。

プログレスが何回か表示され、デスクトップに.aifファイルができます。

Ableton Live

オンラインコンバーター、例えばコチラや、コチラなどでMP3に変換したファイルが以下です。

 

まとめ

Ableton Liveのミキサーで音量バランスを調整したり、エフェクターを加えたりとさらに高度な編集加工ができます。

こうしてDAWに戻れば、音楽の楽しみ方が変わるかもしれません。

Ableton Liveの最新版 10 の無料体験版(30日間)は以下からダウンロードできます。

Ableton Live 10 体験版 ダウンロード

姉妹アプリ「Blocs wave」も新しくなってAbleton Exportに対応したみたいです。こちらはサンプル音源ですね。

Blocs wave関連の記事リストはこちら >>>

ではでは、きらやん

 

(Visited 43 times, 1 visits today)