【Lovicool Android TV BOX】Android 7.1のTV端末の設置と使い方?!

Android TV BOX

「PCレス仮想Windows」企画を再開するために注文したAndroid 7.1を搭載したTV端末のLovicool「TX3 mini」が届いたので、UNBOX(開梱)から仮想Windowsの使用までの様子と感想を動画で紹介します。

特記事項

今までに以下が判明しています。

Bluetoothが使えないUSB Bluetoothアダプターを買ってUSB端子に差してみましたが使えませんでした。使えるようにする予定ですが、簡易的にはBluetoothオーディオトランスミッタ&レシーバーなる物がありますが・・・

ミラーリング:AirScreenアプリでMiraCastを有効にすればAndroidデバイスからもOK。iOSデバイスからはコントロールパネルの「画面ミラーリング」でOK。

YouTubeキャストTX3 mini側のYouTubeアプリを開いて「設定」を開いても「テレビとスマートフォンをリンク」が表示されずリンクの設定ができないのでキャストはできませんでした。最初の頃はスマートフォン側にはキャストボタンが表示されていましたが、今日見ると消えていました・・・また暫くすると出来るようになるかも?

UNBOX(開梱)と設置

今回はAndroid 7.1を搭載したTV端末のLovicool「TX3 MINI」と同時にワイヤレスキーボードとマウスのセットも購入したので、それら全てのUNBOX(開梱)設置を以下の動画で紹介します。

【Lovicool Android TV BOX】「TX3 MINI」TV端末のUNBOXと設置 >>>

設置の最後の方でテレビに映像が表示されない場面がありましたが、それもHDMIケーブルの抜き差しで簡単に解決したので、概ねスムーズにサクサクとUNBOXと設置は行えました

スティックPCと違って、キーボードの近くに本体を置けるので何かと便利です。自作してから10年以上が経っても未だメインで使っているデスクトップPCから主役の座が奪えるのか、徐々に確認しながら移行していきたいと思います。

もしそれがうまく行けば、TV端末本体とワイヤレスキーボードとマウスの合計金額でも8千円ちょっとなので、Chromebit本体のみの価格の1万3千円より5千円も安く済むことになり、コスパの面からも非常にメリットがあります。

初期設定と基本的な使い方

初期設定は、多くのソフトウェアのインストーラーと同様に段階的に選んでいく方式なのでスムーズに設定が出来ます。

【Lovicool Android TV BOX】「TX3 MINI」TV端末の初期設定と使い方 >>>

OSにはAndroidを採用しているので、Androidユーザー(スマートフォンやタブレットなど)ならすぐに使いこなせるようになると思います。iOSやFireのユーザーでも基本はほとんど変わりません

Chromebitのような特殊なアプリや操作方法ではないので、その意味では仮想Windowsを使わずTV端末側で操作する場合もストレス無く快適に作業ができます。

もちろんChromeブラウザーもアプリとして使えるので、Chrome OSユーザーも同じ環境で作業ができますし、多数のAndroidアプリも使えるようになります。

Android端末としての使い方

Chromeアプリでスリードットメニュー内の「PC版サイトを見る」にチェックを入れると、デスクトップPCと同様に使えます(ブックマークバーが無いとかはありますが)。

Chromeアプリ

この記事もTX3 miniChromeアプリで書いていますが、Chromebitより遥かにWindowsに近い感覚サクサク使えています。

前半【Lovicool Android TV BOX】TV端末でインターネット >>>

YouTubeなどのAndroidアプリを楽しむ使い方は以下です。YouTubeアプリはリモコンで操作するとアマゾンのFire TV Stickのような使い方ができます。ミラーリングはFire TV Stickのような遅延時間はほとんど無く実用的です。

後半【Lovicool Android TV BOX】TV端末でAndroidアプリを楽しむ >>>

仮想Windowsの使い方

今回は3DCGソフトを仮想Windowsで使うようなマニアックな使い方は想定していません簡単にTV端末でもWindowsが使える事が目的です。

私の場合は主にYouTubeへの動画のアップロードなどの重い処理に使っています。TV端末から直接アップロードすると1時間くらいかかる動画ファイルも、仮想Windowsからだと5分程度で済みます。

【Lovicool Android TV BOX】TV端末で仮想Windowsを作って使う >>>

接続アプリが立ち上がらない場合は、Google Playストアから「Microsoft Remote Desktop」アプリをインストールしてください。

Puffinから直接仮想Windowsに接続するには、.rdpファイルをダウンロード後、いったんホーム画面に戻って「FileBrowser」アプリを立ち上げて「Download」フォルダーにある.rdpファイルをクリックします。複数ある場合は右端の日時で判断します。

★YouTubeサイトなどで音声を出すには、仮想Windowsの右下にあるスピーカーアイコン(☓が付いているはず)を右クリックして「Playback Devices」をクリックして「OK」をクリックすると音がテレビから出るようになります。

Google GCPもアマゾンAWS EC2もどちらも日本語Windowsは使えないので英語Windowsで使うか、左下のWindowsメニューボタンを右クリックして「Control Panel」から日本語キットをインストールして使います。

私の場合は、日本語キットのインストールが面倒なので、仮想WindowsではYouTubeへの動画のアップロードなどの重い処理などに限定して使い、動画のタイトルや説明などの日本語入力はTV端末側のChromeのYouTube上で行っています。

まとめ

携帯電話やスマートフォンのテザリングでネットに繋いで使うなど、通信速度やデータ通信容量に制約がある場合は、ブラウザーはPuffinをオススメします。

Puffinはデータを圧縮して転送しているので、低速回線でも読み込みが速くデータ通信量少なくて済みます。また、Flashが標準装備されているので、ゲームのアニメーションなどにFlashが使われているサイトでもスムーズに楽しめます。以下はその一例です。

TriMirror:バーチャルフィッティングルーム(アバターのアニメーションにFlashを使用)

Google日本語入力の状態でPuffinを利用するには少々テクニックが必要ですが、次回の記事でわかりやすく紹介する予定です。ポイントは以下です。
タブをクリックすると日本語入力が可能(Enterを押すと入力されるので、半角スペースで途中確定
・右上のスリードットメニューの「共有」から「高速メモ帳」などを呼び出して使う
・画面トップをクリックして「物理キーボード」の設定で仮想キーボードをオンにして、数字モードにすると英数字の入力が可能
・「Browser Auto Selector」アプリを使ってChromeアプリとの切り替えを効率化

Chromebitより遥かに個人ユーザーには使いやすく多くのアプリが楽しめるので、たしかにデスクトップPCのWindows10と比べると未だ慣れや使いこなしが必要には感じますが、今のレベルでも十分にブログ記事の作成やYouTubeでの1時間モノの動画の公開でも使えています。

次回以降では、クリエーターマニアックな趣味やFlashのゲームなどでも使えるような使い方を紹介していきたいと思います。

5千円程度でこれほど楽しめるとは正直思っていなかったので、今は得をした気分です。パソコン初心者からマニアまで幅広い層にオススメできる製品だと思います。

ではでは、きらやん

(Visited 351 times, 19 visits today)

関連コンテンツ

シェアする

フォローする