【Amazon】Fire TV StickでYoutubeを音声検索して観るには?!

Fire TV Stick
 前回はAmazon Fire TV StickのGYAO!アプリで音声検索をする方法を紹介しましたが、やはりYoutubeも音声検索したいので、今回は標準のYouTubeアプリとは別のアプリを使って音声検索をする方法を動画で紹介します。

標準のYouTube.comアプリでは音声検索ができない

アプリ内で音声検索するには、ソフトキーボードの検索画面を表示して行いますが、標準のYouTube.comアプリでこのソフトキーボードの検索画面に行っても、リモコンアプリから文字入力ができないので、リモコンアプリの音声認識機能が使えませんでした。

YouTube.com

別のアプリをつかってみたら?

Fire TV Stick内には、もうひとつYoutubeが観れる無料アプリがありました。「Tube+ for YouTube」です。これは以前にインストールして試しに使ってみましたが、英語バージョンなのと、標準アプリの方が操作性が良いので使っていませんでした。

Tube+

しかし、標準アプリで音声検索ができないことがわかったので、ダメもとでこのアプリで音声検索を試したところ、日本語も含めて音声検索ができました。

もっとも、やはり音声認識リモコンではできなくて、リモコンアプリでならできました。

以下の動画で、この「Tube+ for YouTube」アプリで音声検索を行う様子を紹介します。撮影の途中でバッテリー切れになってしまい、しり切れとんぼになりました。申し訳ありませんが、ご了承ください。

この後で喋ったことは、「このFire Stickは5000円くらいで安価なので、時々変な動きをすることがありますが、問題になるような動きではないので、気にしていません」というような内容でした。

Fire TV Stick

Amazon: 詳しくはこちら>>>

まとめ

私はスマートフォンの画面タッチがあまり好きではないので、音声認識リモコン付きのモデルを購入しました。

音声検索ではほとんどiPod touchのリモコンアプリを使っているので、画面タッチに慣れた人なら音声認識リモコンではなく、普通のリモコン付きのモデルで十分かと思います。

これで、Amazonのプライムビデオとプライムミュージック、そしてアプリのGYAO!とYoutube(Tube+ for YouTube)の音声検索ができるようになったので、あとはHuluでできるようになれば完璧ですね。

 

ではでは、きらやん

(Visited 221 times, 2 visits today)

関連コンテンツ

シェアする

フォローする