広告

スケッチアップシーンを3D VR ゴーグルでウォークスルー?!

Kubity VR見上げる 3DVR

スケッチアップのシーンファイル(.SKP)を直接読み込んで、Kubity VRアプリで表示して、3DVRゴーグルによりシーン内をウォークスルーして眺める方法を紹介します。

広告

背景

前回は、パソコンソフトのKubityアプリケーションでスケッチアップで保存したシーンファイル(.SKP)を直接読み込んでVR化してパソコン上でウォークスルーする方法を以下の記事で紹介しました。

スケッチアップでVR体験?Kubity iOS無料アプリで直接3DVR?! >>>

iOS版のKubity VRアプリでiPod touchを使って、裸眼で3DVRのウォークスルーを試みましたが、左右の映像が離れ過ぎていて立体視が出来ませんでした。

そこで今回は、以下の記事で紹介した3DVRゴーグルを用いて、Kubity VRアプリによる3DVRウォークスルーが出来たので紹介します。

東京タワーの展望台から眺める?3D VR ゴーグルでウォークスルー! >>>

今回は、Android版のKubity VRアプリを用いましたが、iOS版でも同様に可能です。

Kubity VRアプリのインストール

Playストアで「kubity vr」で検索します。

Kubity VR

インストール」をタップ。

Kubity VR

開く」をタップ。確認メッセージがいくつか表示されるので「許可」をタップ。

Kubity VR

シーンを読み込む

右下の矢印ボタン)をタップ。

Kubity VR

デスクトップパソコンのKubityアプリケーションの画面右下にある「Cardboard」ボタンをクリックして表示されるQRコードにカメラ枠を合わせます。

Kubity VRシーン

シーンの床に移動

画面の中央にある白いドット(3Dカーソル)をウォークスルーしたい場所の床の位置に合わせ、ゴーグルの右下にあるOKボタンを長押しします。

ドットの周りに青いリングができたらボタンを離します。

Kubity VRウォークスルー

ゴーグルの向きに合わせてシーンの映像が追従します。上を見上げるとこんな感じです。

Kubity VR見上げる

シーン上をウォークスルーする

ウォークスルーしたい方向にゴーグルを向けてOKボタンを押します。

OKボタン押しシロがかなり深いので、思い切り押し込みます。

Kubity VRウォークスルー

まで行ったので、左方向を見るとこんな感じです。

Kubity VRウォークスルー

これを繰り返して、シーン内をウォークスルー出来ます。

Bluetoothリモコンは使えるが必要なし

Bluetoothリモコンをペアリングしてみました。

Bluetoothリモコンのペアリング

Keyscoの場合は「@+D」でマウスモードになります。

ジョイスティックを操作するとマウスカーソルが表示されますが、結局画面中央の白いドット(3Dカーソル)で操作するので意味がありませんでした。

トリガーボタンAボタンが、ゴーグルのOKボタンの代わりになりますが、わざわざリモコンを使う意味は無いと思います。

 

YouTube3DVRゴーグルで観る場合は、Bluetoothリモコンは便利なので、以下の記事を参考にしてください。

3D VR でミケランジェロ?YouTube 360 VRでダビデ像を眺める! >>>

まとめ

3DVRシーンをFire TV Stickにミラーリングしてみましたが、結論的にはどちらの画面も真っ暗になり、ミラーリングは出来ませんでした。

スマートフォンをゴーグルから外した状態で、イヤホンプラグは繋いでおいて、OKボタンを押してみましたが反応しませんでした。

どうも、スマートフォンをゴーグルにきちんとセットした状態でないと、OKボタンは反応しないようです。

ちなみに、ボタン付きのイヤホンをスマートフォンに繋いで試してみましたが、ボタンには反応しませんでした。

とはいえ、これでスケッチアップのシーン内を比較的簡単に3DVRでウォークスルー出来るようになったので、応用範囲が広がると思います。

ではでは、きらやん

 

(Visited 97 times, 1 visits today)