スマートウォッチ?バッテリーが12日間も保つブレスレット型!?

DWGスマートウォッチ アプリ

液晶スマートウォッチだと1回の充電でせいぜい2日保てば良い方ですが、今回紹介するDWGのブレスレットタイプは2ヶ月使用して平均充電間隔は12日。3千円台で買えるiOS/Android両対応としては珍しくトラブルゼロで日本語もバッチリですが?

広告

私のスマートウォッチ変遷歴

初代Pebble

スマートウォッチは今回の製品で4機種目です。最初は初代Pebbleで、表示が白黒のEペーパーだったので充電後1週間保ちました。バッテリーの保ち時間を最優先で買ったからです。

Pebble

1万円台前半でしたが、当時のスマートウォッチとしては低価格でした。

初代Pebble関連の記事リストはこちら >>>

自分で日本語化をしなければならなかったり、タイトルなどの大きいフォントは漢字が表示されないなど日本語表示では限界がありました。

しかし、バッテリーの保ち時間が長いのと日中の太陽光下でもハッキリ見えるなど、他の安物とは違う使い勝手の良さがありました。

No.1 D6

その次に買ったのは機能性を優先して、Androidアプリがそのまま動くNo.1 D6」でした。こちらも1万円台前半でしたが、SIMにも対応していました。

バッテリーは頑張って2日と、毎日充電が必要でしたし、アプリを使う時はバッテリー消費量を常に意識しながら使う必要がありました。

D6 Bluetooth

No.1 D6関連の記事リストはこちら >>>

AIYIBEN V9

3機種目は、丸型と低価格にこだわって3千円台の「AIYIBEN V9」を購入。さすがに価格相応で、使い勝手の悪さを感じて最近は使わなくなってきました。コスパは最高だと思います。

Aiyiben V9

V9関連の記事リストはこちら >>>

ICE-WATCH(スマートウォッチではないけど・・・)

暫くは8千円台の「ICE-WATCH」を使っていましたが、やはりいったんスマートウォッチに慣れると一般的なアナログウォッチは不便に感じてきました。

DWG V10(今回購入した製品)

そこで、バッテリーが充電後1週間以上保ち日本語が最初から使えてメールのタイトルが読めて5千円以下の機種を探したところ、DWGのブレスレットタイプが良さそうだったので購入しました。

2ヶ月間使ってみて、平均12日間もバッテリーが保っています。液晶でです。

割り切ったスマートフォンとの連携性

アプリの特徴

iOSとAndroidの両対応ですが、私のスマートフォンはAndroid7なので、Androidアプリの「H Band 2.0」を使っています。iPhoneなら「H Band」です。

最初は他のBluetoothデバイスと同様に「設定」アプリからペアリングしようとしましたが出来ませんでした。結論としては、ペアリングはH Bandアプリの起動直後の最初の画面でやります。V10がこのウォッチの事です。

ウォッチの液晶画面はほぼ表示専用で、タッチボタンが1個あるだけです。つまり、他のスマートウォッチのようにスワイプして画面を切り替えたり、メニューから設定したりは出来ません

全ての設定はアプリからやります。この割り切りが実用性を増していると言えます。データの表示もアプリで見ることが前提です。ウォッチ側でも最小限のデータは見れますが・・・

アプリ画面の一例

歩数表示。目標は1日10,000ステップにしているので以下のようになります。

H Band 2.0

目標を達成したら、その時にスマートウォッチの画面トロフィーが表示されます。

睡眠表示。今だに見方がわからないので睡眠管理は出来ていませんが・・・

H Band 2.0

着信とSMSとGmailだけメッセージアラートをバイブオンで表示しています。SNSはウザいのでオフ

H Band 2.0

その他、設定画面は多岐に渡りますが、省略します。

まとめ

低価格なのに高い実用性

今まで使ってきた4機種のスマートウォッチの中では最も実用性が高いです。防水なので水がかかっても気にならないですし、とにかく12日間も充電要らずで働いてくれます。

着信/メール/手首を捻るだけのバックライトオン

着信時バイブ電話番号表示だけ(電話帳機能は無い)と、2018年8月から、スマホの電話帳に名前が登録されている人は、スマートウォッチにも漢字で名前が表示されるようになりました。

スマホをテーブルに置いたままトイレに入っていても誰からの着信かがわかります。

メールのタイトルを含めて、タッチボタンをタップすれば3画面分の内容が見れます。履歴は残らないので瞬間的に見なければならないですが、そのくらいの割り切りがメールの場合は必要ですね。

手首を捻るだけでバックライトがオンになりますが、その時間も設定できるので、デフォールトのままだと夜中に手首を捻ってもオンになりませんでした。一瞬壊れたのか?と思いましたが、時間設定でOKに出来ました。

不満点

唯一の不満は、バッテリー残量メーターと日付曜日の表示が小さ過ぎて、老眼の私には見え難いことぐらいです。逆に、デッカいデジタル時刻表示アナログより見易いので重宝しています。

スマートウォッチ表示

日本法人による安心感のあるサポート体制

DWGは日本法人がサポートをしてくれるので、その点でも安心感があります。もっともサポートの必要性を感じない製品だとは思いますが・・・

DWG JAPAN

30日間の返金対応を明記しているのも製品に自信を持っているからだと思います。こういうメーカーはトラブルが無いので結果的に長期間安心して使えます。

人によってはこんなのもアリかも

DWGアナデジ時計

DWG アナデジ 日本製クォーツ

 

ではでは、きらやん

 

(Visited 408 times, 6 visits today)