AndroidでTR-808?Webアプリをバッキングに使ってシンセを弾く?!

TR-808 DTM

Androidスマホでシンセアプリを弾いて楽しむ時に使っている「TR-808」の音色とパターンが演奏できるWebアプリ「Drum Machine Pattern」を紹介します。もちろんiOS、Fire、Windows、Macのブラウザーでも使えます。TR-808的な他の事例も?

広告

背景

モバイルデバイスでシンセアプリを弾いて楽しむ時に、バッキングが欲しくなります。しかし、あまり凝らないで、バックグラウンドで適当に勝手に鳴ってくれる方が使いやすいです。

さらに、以下の記事で紹介した「DRC」ポリフォニック・バーチャル・アナログシンセ・アプリのように、AndroidだけでなくiOSやFire、Windows、Macでも使える場合は、バッキングも種々のOSで鳴らせる方が好ましいです。

AndroidでMoogサウンド?DRCシンセアプリでMoog Bass!by YouTube? >>>

そこで、ブラウザーで使えるWebアプリの「Drum Machine Pattern」を紹介します。

各種OSのブラウザーでバックグラウンドで鳴らせます。何も操作しなくても適当にパターンを変えて勝手に鳴ってくれるのでバッキングに最適です。

Drum Machine Pattern

トップページ

以下のサイトに行きます。

http://808.pixll.de/index.php

デスクトップのChrome:

TR-808

AndroidのChrome:

TR-808

演奏ページ(TR-808 パターン)

どれかパターンを選んでクリック。以後はデスクトップで紹介しますが、モバイルでも同様です。Webアプリなので、ブラウザー上で拡大縮小やスクロールが可能です。

TR-808

BPMは各パターン毎に固定なので、バッキングで使う時はシンセアプリ側でBPMを合わせる(シーケンスやアルペジエーターなど)事になりますが同期は出来ません

右下の「START/STOP」をクリック。

TR-808

画面上は「START/STOP」ボタンが黄色に変わるだけで、他は変化しません。TR-808の音色とパターンで演奏が始まります。

この状態で何も操作しなくても適当に勝手にパターンが変化しながら演奏を続けます。

右側のパターンボタン群の別のボタンをクリックすると、左側のシーケンス画面は変化しますが、その時点では鳴っている音は変化しません。

パターンボタンを切り替えていると、あるタイミングでシーケンス画面と同じ鳴り方になる場合がありますが、私の場合はまだコントロール方法が確立出来ていません

YouTubeによる紹介動画

画面の右上に選択したパターン名が表示され、この動画ではシーケンス画面と音が一致しています。

おそらくこのような感じでコントロールが可能と思われます。私の場合は、バッキングで適当に鳴ってくれれば良いので、コントロールにはあまりこだわっていません。

Hashim – TR-808 / TR-08 Drum Machine Pattern >>> YouTubeサイトへ

TR-808の実機の操作と音は以下の動画で確認が出来ます。

Miami Bass – TR-808 / TR-08 Drum Pattern >>> YouTubeサイトへ

TR-808的な他の事例

Webアプリ iO-808

モバイルをサポートしていません。以下のサイトに行きます。

https://io808.com/

iO-808

モバイルで使う場合は、デスクトップでいったんパターンをプログラミングして、.jsonファイルにセーブしてから、そのファイルをメールなどでモバイルに転送してロードして鳴らすような使い方になりますが、私は面倒なので使っていません。

JSON

左下に英語のチュートリアルへのリンクがあります。Chromeなら、右クリックで「日本語に翻訳」を選べば以下のように日本語にGoogle翻訳されます。

iO-808

iO-808 MANUAL PLAY Example >>> YouTubeサイトへ

DSPシンセサイザー R808 PLUGIN USB Stick

USBスティックタイプハードウェアエミュレーターです。TR-08用のエディター(VST or スタンドアローン)でパターンを作ったり操作します。

https://dspsynth.eu/webshop/product/r808-plugin-usb-stick/

R808

まとめ

以前は「Audiotool Sketch」というアプリが存在していましたが、現在ではダウンロードが出来なくなってしまいました。どこかにapkファイルが落ちていると良いのですが・・・

Audiotool Sketch

 

本家ROLANDが最新の技術でTR-808の進化系ハードウェア「TR-8」「TR-8S」と「TR-08」を出していますが・・・

中古品のTR-8もそこそこ出回っていますね。

ではでは、きらやん

 

(Visited 56 times, 1 visits today)