【Withings】25日駆動のスマートウォッチ「Steel HR」1月20日発売後の状況?!

Withings

WithingsはNokiaの傘下にあるフランスの家電メーカーですが、IOTの一環としてネット接続の製品を開発しています。今回はお洒落なスマートウォッチ「Steel HR」を発売したので紹介します。特徴は充電後最大25日もの駆動が可能?

M-ON! Pressの記事から引用

本日発売! 25日駆動のスタミナスマートウォッチ『Steel HR』がWithingsから

このスマートウォッチなら、毎日普通に使えそう!

今流行のスマートウォッチは気になるけど、バッテリーの持ち時間やディスプレイの使い勝手はどうなんだろう……と、考えている人は多いはず。Withingsから日本での発売が開始される『Steel HR』はスマートウォッチならではの通知機能やフィットネス機能を搭載しながら、アナログ文字盤を採用し最大25日もの駆動が可能なんです!

20170118nw2

一見、ちょっといい腕時計にしか見えない『Steel HR』。しかしその内部には心拍数計、アクティビティトラッカー、スリープモニターが搭載された、れっきとした高性能スマートウォッチ。羊の皮をかぶった狼といった感じの、さりげなく上品なデザインが嬉しいですね。また、文字盤の上部は心拍数や移動距離、カロリー、通知などが表示されるディスプレイになっているんです。

もちろんスマートウォッチとして、スマートフォンと連携してテキストや通話、イベントのアラートを持ち主に伝えることができます。

20170118nw33

見た目はアナログ風な『Steel HR』ながら、そのフィットネス/ヘルスケア機能は本格派。ランニングを始めると自動でデータの計測を開始し、心拍数などの各種データを運動後に教えてくれます。さらにスイミングやウォーキングなどでも、自動でのデータ計測が可能です。

睡眠中は寝た時間や起きた時間、それに心拍数の変動を測定。まさに一日中あなたの活動を見守ってくれます。睡眠中には充電されることの多いスマートウォッチですが、『Steel HR』では最大25日という長時間駆動のメリットを活かした「つけっぱなし」ができるのがいいですよね。

20170118nw44

また最高50メートルまでの耐水性能でプールやシャワーでも安心して装着できたり、バイブレーションによる目覚ましなど機能満載。あ、これ普通に欲しいやつだ……。

20170118nw5

『Steel HR』は40mmモデルならブラック、36mmモデルではブラックとホワイトの2色が登場。価格はそれぞれ2万7800円と2万4800円となっており、本日(2017年1月20日)より発売開始です。

アナログ時計の使い勝手と駆動時間、それにスマートウォッチの便利さをあわせ持った『Steel HR』。個人的に、スマートウォッチ製品の中でもかなりの有力候補だと感じましたよ!

文/塚本直樹

関連サイト

Withings Steel HR(公式サイト)

関連記事

この値段でこの機能!? 心拍数もわかるスマートウォッチ『Misfit Vapor』に注目
人体で発電! まさに「マトリックス」な充電不要スマートウォッチ
ソニーのFeliCa対応スマートウォッチ『wena wrist』がBEAMSとコラボ。オシャレなの来た!

Withings スマートウォッチ Steel HR 36mm ブラック 【日本正規代理店品】 HWA03-Black36-Asia

Amazon: 詳しくはこちら>>>

まとめ

今はスマートウォッチの「Pebble」初代機をかれこれ1年3ヵ月も使っていますが、特に不満もなくバッテリーは1週間持つので重宝しています。願望としては丸形が欲しいのですが、Pebbleの丸形(Pebble Time Round)はバッテリーが1日程度しか持たないので諦めていました。

Withingsは丸形で以前からAmazonにも出てはいましたが、一般的なスマートウォッチというより健康管理機能付きウォッチという感じで、リーズナブルな価格でもさすがにPebbleから買い替える気にはなりませんでした。

ところが、今回の「Steel HR」は部分的に液晶?有機ELディスプレイ表示を取り入れて最小限の表示が可能になったり、電話やメールなどの着信を知らせてくれたりと、スマートウォッチっぽくなっていたので注目していました。さすがにスマホの音楽プレーヤーアプリの曲名表示やコントロールまではできそうにないので思案中ではありますが・・・

現時点(1月29日)でのAmazonだとこんな感じです。
Withings
40mmブラックは在庫があるようです。36mmは2~5週間待ちですね。

私としては36mmのホワイトが注文できるようになるまでは様子見で、それまでにPebbleを買い替えるのが良いのか検討したいと思います。もっとも、TPOでPebbleとWithingsを使い分けるというのもアリかもとは考えていますが・・・

【スマートウォッチ】早速調べた結果、Pebble初期モデルをAmazonにて注文!

ではでは、きらやん

(Visited 835 times, 1 visits today)

関連コンテンツ

シェアする

フォローする